2017/06:- - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 頭から冷たいシャワーを浴びて少しでも頭と熱を帯びたまぶたを冷やそうとしていた僕は、すぐに体が冷えてしまって仕方なくシャワーを温水に切り替えて冷えきってしまった体に浴びせかけた。
「感情的になるな!ドールは商品だ。しかも、あれはもうじきクラブを辞めて去っていくヤツだ。ばれたってどうってことはない」
 自分に言い聞かせるようにそう言いながら、僕は普通の男とは言い難いFtM-GIDの自分の体をじっとみつめた。
 か細い手首の骨…男にしては華奢な骨格は、鍛えてある程度筋肉をつけてみたところで変えようがない。
 レントゲンなんか撮らなくたって「安産型」と言われていた横に張り出し過ぎている僕の骨盤の形は普通の男とは違っているのは一目瞭然だ。肩幅とのバランスが男のそれとは違っている。
 胸に大きく残っている手術痕は見る人が見れば縮胸手術によるものだとわかるだろうし、それがわかる人たちには元々ここについていた乳房が男の女性化乳房程度ではありえない大きさであったことも予想はつくだろう。
 元々ついていた乳房が大きくなければ、このような大きな手術痕が残る縮胸法ではなく、ほとんどの人が気づかないような傷跡の目立たない方法で乳房の除去は出来たはずだった。
 縮胸手術後は上半身脱いでも男で通用する体になれるはずだった。あんなでかいおっぱいなんかがついてさえいなければ!
 胸の手術痕から更に下に視線を落としていき下半身を見たらもっとみじめな気分になってきた。
 男性ホルモンの摂取で女子トイレに入ると変質者のように見られるような外見に変化してきた頃、男子トイレに入っても個室でしか用を足せない体の不自由さを実生活面で切実に感じるようになっていき性別適合手術を早く済ませてしまおうと思った。
 男子トイレに入って個室で用を足している時、音を聞かれたら不審に思われるのではないだろうかと気が気ではなかった。洋式トイレで男がタチションしている時と女が用を足している時の音は明らかに違うのだ。
 いつばれてもおかしくはない状況で、外出先でトイレに入りたくなかったため、水分摂取を極端に控え過ぎて脱水症状を起こしたこともあった。夏場でもないのに倒れた僕は医師に叱られた。
「脱水症状起こして死ぬことだってあるんですからね!ちゃんと水分補給はして下さい」
と。
 そういや、あの先生イケメンだったな…僕の好み的にはもうちょっと年食ってる方がよかったから、口説いたりはしなかったけど……。
 あの後、本格的に下半身の問題解消に取り組んだ。
 最初から男性機能については期待はしていなかったが、タイへ飛んで手術で造ってもらってきた男性器は勃起することはない。さっきわんこに言った通り、ただのしょんべんホースに過ぎないシロモノだ。
 それでも、見た目だけでも男に見える形にしてしまえば気持ちは落ち着くと思っていたはずだった。
 ところが、実際には僕は満足していない。
 まるでEDの男みたいにコンプレックス持ち続けている。
 実用性のあるモノを造ることは可能ではあったのに選ばなかったのは選択ミスか?
 インプラントを内部に挿入することによって、セックスの際に挿入可能な状態のペニスを造ることは可能だったのに、それをやらなかったのは長い目で見ると体内の異物が引き起こす悪影響が怖かったからだった。
 だが、こんなにも強いコンプレックスを持ち続けているのなら、いっそのこと再手術した方がいいのだろうか?
 雑菌の侵入によってせっかく手術で形成しても、造ったペニスが腐れ落ちてしまうことがある。そのリスクを低くしようと思ったらインプラントなんて雑菌の温床になりかねない異物を体内に挿入する手術法は避けた方がいいというのが性転換手術時の僕の判断だった。
 けれども、セックスはドSでゲイのタチなんて状態の僕には勃起しない造り物のペニスは、やはり強いコンプレックスを感じさせる。
 日常生活においては、普通に公衆トイレでタチション出来るなど、男性として生活していくためには最低限の不自由さを感じさせない程度のモノが今の体には存在している。
 けれども、セックスの場面では、健康な男の身体と同じ機能は求められるわけもなく、手術前と大差ないセックスのやり方でもって済ましている。
「こんな僕に、抱いて欲しいだと?」
 わんこの言葉を思い出しながら僕は自嘲した。
 僕にはわんこが求めるような抱き方はしてやれない。
 それは、わんこがクラブの商品だから云々以前の問題だった。
 道具を使ったSMセックスしか僕には出来ない。
 それに…僕は知っていた。
「SM苦手だって言ってたじゃないか?」
 わんこが苦手としているレンタル先の客がサドだってことは愚痴を聞いてやってた僕は知っていたから、自分の性癖についてはわんこには一切話してはいなかったのだが、それがどうやら裏目に出たようだった。
「相性最悪な相手に何言ってるんだよ?僕がおまえが一番苦手としていることで愉しむようなヤツだって知ったら、あきらめてくれるのか?それとも、僕がこんな体だって知って気色悪く思ってドンビキするのか?」
 昨夜のわんこのあのきつい眼差しにちらりと過ぎったあれは、ありえないと思っていたからちょっと愉しく思ってみただけで、本気で手だしする気などは僕にはなかった。
 仕事と住居の件だけここを出て行ってから困らないように手配してやるぐらいの面倒は見てやるつもりではいたものの、こんなことになってしまったからには、僕はもうこれ以上わんこに関わらない方がいいんじゃないんだろうか?と思い始めていた。(続く)




2009年6月5日携帯配信開始!
小説「僕のアニキはサイボーグ」菊池乱

『どこでも読書』(ソフトバンク用入口)から飛べない方は、携帯メニューの電子書籍から「どこでも読書」→「検索」→著者を探す「菊池乱」の順で検索していただければ作品みつかるはずです(^^;
関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。