2017/11:- - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 長い黒髪を無造作に髪ゴムで後ろで一つに結んでいる女医の化粧っけのない顔は覚えていた。
 かわいらしい顔立ちをしてるから、お化粧したらもっときれいになるだろうにもったいない…と通院後半はそうぼんやりと思っていた。私が見間違うはずがない。
「どうして……」
 かすれた自分の声。
 からからに乾いた喉。
 小刻みに震える体……止まらない。
「ここのクラブの嘱託医なんですよ、私。あの病院は泌尿器科メインですけど、私、肛門科の方も得意なので……ここはアルバイトです」
 女医はにっこり笑顔でそう説明したけれども、私は『僕』の一番知られたくない秘密を知っている人物と、まさかここで出くわすとは思ってもみなかったから激しく動揺した。
「そんなに怯えないで下さいよ。なにも取って食おうとなんか思ってませんから」
と小さな舌で唇をぺろりと舐めるその仕草はなぜか肉食獣を連想させた。
 本当に食べられてしまいそうな気がした。
「医者には守秘義務っていうものがありますからね。言いませんよ、あのことは」
 女医の「あのことは」にアクセントをおいた言葉にビクンと体が反応する。
 本当にあのことは内緒にしておいてくれるのだろうか?
「恐喝なんてしませんから、安心なさい。私、お金には困ってませんから。ただ、若くてきれいな男の子が恥じらうところを見るのが好きだからドールの検査を引き受けてるだけなんですよ」
とニヤッと笑った女医の目は妖しく光った。
「見るのが好きだから?」
 女医の台詞を私は小さくつぶやいた。
「SMってわかりますか?」
「なんとなく……」
と女医の問いに答えたら、女医はにっこり笑って、
「私はSなの。きれいな男の子が羞恥するところを見るのが大好きなの。ここのクラブには豊胸でおっぱい造った女みたいにきれいな男の子がたくさんいて、普通に仕事として検査するだけでも楽しめるから、バイトしに来ているだけなんですよ」
と言った。
 女医のとんでもないバイトの理由にびっくりした私はおもわず、
「痛いのは嫌です!」
と瑠璃子さんと秋月様のプレイを思い出しながらそう言ってしまった。
「ふふっ、仕事で検査しに来てるだけだから、ドール相手にプレイなんてしませんよ。検査するだけだから。服を早く着たかったら、まずはその手をどけて性器を見せて下さいね」
と言う女医の悪戯っぽい笑みを見て、大丈夫なんだろうか?と思った。
 まだ不安感はあったものの早く服を着たかったものだから、私は股間を隠していた右手をどけてみた。
 女医の前で下半身さらけだしておいて、両手で胸を隠しながら性病検査とかいう恥ずかしい検査をされ、診察ベッドの上で通院治療していた時と同じようにお尻の検査もされた。
 指を入れられた時に、
「あら、固いわね。もしかして水揚げでお尻は使わなかったの?」
と訊かれてドキリとしながらも、
「…はい」
と答えた。
「ふ~ん、珍しいわね~」
と言った女医は興味津々な顔をして私の顔を覗き込んで来た。
 レンタル中になにがあったかなんて言えないから、
「私もお客様に関することは守秘義務がありますので」
とはぐらかした。
 ニヤリと笑った女医は、
「それはいい心がけです。でも、私は誰にも言いませんから、プレイのことをちょっとくらい話してもいいですよ。感染症を感染してしまうようなことをしているといけないですからね」
と言った。
 もちろん、プレイ内容なんて話せるわけがないから私は黙っていた。
 そしたら、女医が指で執拗に「僕」の体の中の感じるところを責め立ててきたものだから、
「ああっ、やめて!あ、あ、ああっ、ダメ~…あっあっ、やあっ、出ちゃうぅっ!」
と恥ずかしい声を出してうっかり射精してしまったら、
「はい、検査はおしまい。服を着ていいですよ。着替えはそこのかごの中に橘さんが用意してくれていますからね」
と言われた。
 無理矢理イカされてしまって、恥ずかしくて泣きそうになりながら差し出されたティッシュで拭いて後始末していたら、
「ところてんでイケちゃうなんて、きみ、ドールに向いてるかも」
なんて女医に言われてしまった。
 私にはなんのことだかわからなかったけど、なんとなく今の検査で女医にセクハラされたような気はしていて、悔しいやら、恥ずかしいやら、情けないやらで、涙がこみあげてきてしまった。
 病院に通院治療中の診察では、さっきみたいなことはされなかったから……。
 それでも、裸のままでいるのが恥ずかしくて、私は用意されていた下着や服を身につけ始めた。女物の下着や服を身に着けてしまったら、不思議と気持ちは落ち着いてきた。
 そして、男の「僕」をすっかり女物の衣類で隠してしまうと、私は安堵して小さくため息をついた。(続く)
 



ポチッと押していただけると書く励みになります♪
☆人気ブログランキング携帯投票☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村
~アメブロの方へもどうぞ~

2009年6月5日携帯配信開始!
小説「僕のアニキはサイボーグ」菊池乱

『どこでも読書』(ソフトバンク用入口)から飛べない方は、携帯メニューの電子書籍から「どこでも読書」→「検索」→著者を探す「菊池乱」の順で検索していただければ作品みつかるはずです(^^;
関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。