1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

(R18)レンタルドールKEI 63 

 悲しい夜が続いた。
 互いに求めあっても最後まで交わることは叶わない。
 それでも、瑠璃子さんは肌を重ねることを求め続けた。
 それで満たされてはいないのに……。
 毎晩、寝た振りして布団の中で泣いている。
 私は幽霊の瑠璃子さんに憑依されている間、悲しくて、せつなくて、早くそれが終わってくれることを願った。
 それでも、体を貸すことを拒まなかった。約束だから……。
 そして、とうとうドールの私のレンタル最後の夜がやって来た。
 寝所にやってくる前にお風呂に入った秋月様は、いつもよりも長風呂で、ちょっと様子がおかしかった。
 私が水晶のブレスレットをはずすと、
「今夜が最後だね。ごめんよ、もうちょっとだけ体を貸しておくれ」
と言って瑠璃子さんは私の体に憑依してきた。
 いつものようにざわりと冷気を感じて一瞬総毛立ったものの、すぐに私の体は瑠璃子さんに馴染んだ。
 毎晩憑依され続けているから、憑依されている時の違和感はほとんど感じなくなっていたけれども、あいかわらず瑠璃子さんに憑依されている間は自分の意思で指一本動かすことはかなわなかった。
「瑠璃子様、役立たずな私をお仕置きして下さい」
と言う秋月様に、
「おまえは、私にお仕置きされるのが好きなのだろう?」
と瑠璃子さんは言った。
「はい」
と答えた秋月様に向かって、
「このど変態野郎がっ!」
と罵りながら瑠璃子さんは秋月様の顔面に蹴りを入れた。
 そして、
「いくらかわいがってやっても役立たずなこんなモノは、こうして踏みにじってやる!」
と瑠璃子さんは秋月様の股間を踏みにじった。
 すると、
「ああっ!瑠璃子様…気持ちいいです」
と秋月様は声を上げた。
 本気で体重かけて踏みにじっているわけじゃないから、快感感じた秋月様のモノはちょっとだけ勃ち上がってくる。
「こんな風に踏みにじられて悦んでるなんて、おまえは変態だ!」
と言う瑠璃子さんに、
「はい、私は変態です。瑠璃子様にこんな風にお仕置きしていただけるとたまらなく感じてしまう変態です」
と答えた秋月様は、
「瑠璃子様、今夜はこれでお仕置きして下さい」
とあやしい形の物を瑠璃子さんに手渡した。
「自分で浣腸して中は洗浄してきました。どうぞそれで思う存分私を責め立てて下さい」
「おまえはこれで私に犯して欲しいと言うのか?」
「はい。そのバイブを使って犯して下さい。ゼリーも中に仕込んできましたから、いきなりでも大丈夫ですから」
と秋月様に言われて瑠璃子さんは、
「大和!尻をこちらに向けなさい!!」
と命じた。
 瑠璃子さんの方へ尻を向けて這いつくばった秋月様のアナルに、瑠璃子さんはいきなりバイブを突き刺した。
 多少抵抗感はあるもののずぶりとそれは秋月様の中へと入って行った。
「あぅううっ!」
と声をあげる秋月様に、
「大和、おまえはこんな物を咥え込んで感じているのか?」
と問い掛けながらも、瑠璃子さんはずぶずぶと入るところまで、秋月様の中にバイブを突っ込んでしまった。
「はいぃー!感じます。スイッチを入れて下さればもっと感じます」
と答えた秋月様に、
「スイッチ?これか?」
 瑠璃子さんが手元のつまみをぐいっと動かすとブブブブ~ンブ~ンブ~ンという音と振動が伝わって来た。
「ああっ!いい!!瑠璃子様、素敵です!ああぁああぁあ、あーーーっ!!」
とよがり、絶叫に近いあえぎ声をあげている秋月様を見降ろしていた瑠璃子さんは、
「大和、おまえはこんなもので一人で悦んでいて楽しいのか?」
と問い掛けた。
「はい?」
 秋月様は振り向いて瑠璃子さんの顔を仰ぎ見て、途端に怯えた表情を浮かべた。
「私は…こんなものでおまえがよがっているのを見るのは不快だ!」
と言い放った瑠璃子さんの声は明らかにご機嫌斜めな声色だった。
 そして、
「こんなもの!こんなものでおまえが悦ぶなんて許さない!!」
と瑠璃子さんはバイブを秋月様のアナルから一気に引き抜いてしまった。(続く)


☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村 長編小説
ぽちっと押していただけると書く励みになります(^^)
関連記事

Posted on 2008/09/09 Tue. 21:42 [edit]

『レンタルドールKEI』連載中  /  TB: --  /  CM: --

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。