2017/08:- - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「実は、大奥様は流産と死産を繰り返されていて、やっと4人目で生きて生まれた男児も死にかけたのをようやく命を取り留めたという状態で、昔からの習わし通り女名前をつけて女として育てることにしたのが瑠璃子様だったのです。男の子が育ちずらいけれども、跡取りを必要としている家ではそういったまじないのようなことをして育て、元気に育ったら男に戻していたのですが、瑠璃子様はお元気になることなくお亡くなりになりました。おそらくご自分のことを女と信じたまま……」
 トメさんの説明を僕はぼんやりと聞いていた。
 確か以前読んだ民族学関連の本にそういう話があったような気がする。女の子と比べると男の子の方が無事に育ちずらいものだから、昔は女の子として育てることによって災いから身を守り無事に男児を育てるとかいう医学的根拠はまるでない迷信がまかり通っていたはず。
「病弱な瑠璃子様は学校へ行くこともなく、家庭教師から勉学は学んでいらっしゃいました。けれども、大旦那様は跡取りとしては心もとなく思われ、妾に産ませた健康な大和様を12の時に引き取られたのです。瑠璃子様は、おそらくご自分のことを跡取り娘と認識されていたはずなので、それがおもしろくなかったのでしょう。大和様がこの家にやってきた当初はずいぶんと大和様に対して意地悪をなさっていたようでした」
とトメさんが話したことに疑問を感じて、
「病人に意地悪なんて出来るものなんですか?旦那様が瑠璃子さんに近づきさえしなければ、瑠璃子さんは何も出来なかったんじゃないですか?」
と僕が訊ねると、
「それが…旦那様の方が瑠璃子様を慕って頻繁に瑠璃子様のお部屋に出入りしていたのですよ。奥様そっくりなお美しい方でしたからねぇ。その…旦那様は瑠璃子様に憧れてしまったのでしょう」
とトメさんは歯切れ悪くそう答えた。
『いえいえ、それは秋月様がマゾで、瑠璃子さんがサドだったからなんですよ』
なんて心の声はトメさんには聞かせられないけど、僕はここに来てから瑠璃子さんに憑依されている間のプレイの変態っぷりを思い出し、ため息をついてしまった。ああいうことを12、3やそこらからあの二人はやっていたのなら、筋金入りのサドマゾだ。
 それにしてもなんだか妙だ。
 自分のことを女と信じたまま亡くなったのなら、瑠璃子さんは一体いつ自分は本当は女じゃないことに気がついたんだろう?
 まさか今も自分は女だなんて信じてはいないだろう。
 瑠璃子さんは幽霊になってから男のも女のも裸体を見ているのだから、自分の体が女じゃなかったことくらいわかっているはず。
 そんなことを考えていたら、さっきまで感じられなかった瑠璃子さんの気配を不意に感じて僕は総毛立ってしまった。
 瑠璃子さんの怒りの感情まで伝わってきたからだ。(続く)


☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村 長編小説
ぽちっと押していただけると書く励みになります(^^)

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。