1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

(R18)レンタルドールKEI 33 

 どうしよう?
 慎太郎さんに高級マンションの部屋に連れ込まれてしまった僕は困っていた。
 水揚げ前に他のお客様と…なんてことはまずいのはわかってるし、僕もそれは避けたかった。
 でも、慎太郎さんに攻撃技仕掛けて逃げ出すなんてことは絶対にしたくなかった。
 ベッドルームにまで連れ込まれ何度もキスされた。ドレスを脱がされても申し訳程度にしか抗えないなんてどうかしている。
 下着も次々はぎとられていく。
「や…ダメです」
と言っても、
「大丈夫だ」
と言って慎太郎さんは慣れた手つきでパンティーごとガードルを引きずり下ろしてしまった。
 恥ずかしくて胸と股間を隠したら、
「恥ずかしいのか?」
と耳元でそう訊ねてきた。
 僕は答えられなかった。
 あまりに恥ずかしすぎて……。
「羞恥心が強いということはいいことだ。最初指名用の写真を見た時はタイプじゃないと思ったが、おまえは案外俺好みのドールなのかもしれないな」
 僕は恥ずかしくてたまらなかったのに「おまえは案外俺好みのドールなのかもしれないな」という慎太郎さんの言葉に反応してしまった。
 うれしい…うっかりぽーっとしてしまった。
 でも、手首を引っつかまれてガチャリと手錠をかけられ、さっと目隠しされてしまった僕は、パニックに陥りそうになってしまった。
「これはイヤです!」
 必死で叫んだ。
 怖い…あんなことはもう嫌だ!
「なんで嫌なんだ?」
と不思議そうな声色で問いかけてきた慎太郎さんに、ドールになる前に輪姦されたことなんか言えるわけがない。
 最初、目が覚めた時には目隠しされて手錠かけられ、足は大きく開かされて縛られていた。
 そして、既に犯されていた。
 手錠と目隠しだけでもうあの時の恐怖と羞恥と屈辱がよみがえりかけている。
 それでも、僕は慎太郎さんに嫌われたくなくて、
「目隠しが…慎太郎さんの顔が見えないからイヤです」
ととっさに言い訳した。
「ふん、顔に似合わずかわいらしいことを言うやつだな。よし、目隠しははずしてやろう。その代り……」
と慎太郎さんが目隠しをはずしながら次に言った内容は最悪だった。
 目隠しをはずしながら言った慎太郎さんの台詞は、
「そこに座れ!そして、大股開いて俺の前で自慰をして見せろ!」
だった。
 僕は、小さな子供のようにいやいやと首を振りながら後ずさりをした。
「そんなことも出来ないのか?仕方がない、俺がやってやる」
 いきなり後ろから抱き締められて、じかに握られてしまった僕はどうしたらいいかわからなくなってしまった。
 怖いような気がしたけど、慎太郎さんにもっと触れて欲しいような気もしていて気持ちは揺れていた。
「俺のことは、これからはご主人様と呼べ」
と言われても何も知らなかった僕は、
「はい、ご主人様」
と素直に答えてしまっていた。
 あの時から魔法をかけられ囚われの身になったのだった。
 水揚げ前のドールでありながら、僕は唯一無二の「ご主人様」に出会ってしまったから……。(続く)


☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村 長編小説
ぽちっと押していただけると書く励みになります(^^)
関連記事

Posted on 2008/07/28 Mon. 21:27 [edit]

『レンタルドールKEI』連載中  /  TB: --  /  CM: --

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。