1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

TPP参加?野田首相は金持ち以外の病人と農家に死ねと言うのでしょうか? 

にほんブログ村 トラコミュ **食育**へ
**食育**

TPP参加する気でいる野田首相は、「農家病人は大企業の犠牲になって死ね」とでも言うんでしょうかね?

今の日本がTPP参加なんぞしてしまうと大変なことになってしまうのに!

どのように大変なことになるかというと・・・

国民皆保険制度がなくなってしまうかも

盲腸の手術だけで500万円、それが払えない貧乏人は死ぬような社会がやって来る!?

※TPP参加によって日本の国民皆保険制度が崩壊することを危惧している議員も存在しているのは事実です。

『サルでもわかるTPP』にわかりやすく書いてありますので、是非お読みになってみて下さい。日本がTPPに参加することになった場合、農家じゃなくても、一般の方々も切実に困ることがあれこれ起こりえますので。

ちなみに、日本がTPPに参加した場合、北海道経済は破綻しかねません。

TPPに参加するということは、日本の政策だの法律では海外企業から農家や多くの国民を守ることが出来なくなるからです。

農家だけではなく、北海道知事である高橋はるみ知事もTPP反対の姿勢にあるのは、大きな税収の一つである農家がTPP参加によってやっていけなくなり廃業すれば税収激減するし、関連の農機具メーカーや肥料会社やら、自動車販売店やら、ガソリンスタンドやら、JAやらも、収益激減し、それらからの税収も大幅ダウンすることが予測されるからです。

農業と観光関係(ホテル業も含む)がダウンすると北海道経済本当にヤバイことになります。

地域の金融機関や会社の連鎖倒産も起こりえるでしょう。

また、農家の人たちが農業廃業し、田舎を離れる人が増えることにより過疎化が進行したり、道内の地域経済があちこちで破綻する可能性もあり。

なぜなら、北海道の農家のほとんどは数千万から一億程度の借金を背負って農業を続けてきているからです。

個人自営業者である農家が背負っている借金のほとんどは、JAが融資しています。

廃業しても借金が残る人たちが多いわけで・・・農家が廃業時に自己破産もしてしまったら、農家への貸し付けのほとんどを担っているJAが多大な損害を受けることになるでしょう。

破綻した「夕張」の二の舞の市町村が続出する可能性もありえます。

なぜ、北海道がTPP参加でそこまで打撃を受ける可能性があるのかというと、理由は農業大国である北海道の場合、他県と異なり畑作農業の主力は商品作物ではないということ、欧米型の農業であることなどにあります。

規模が本州で猫の額の小さな田んぼや畑で稲作や野菜農家してるところと全然違うんです。

使っているトラクターだって、本州の小さな田畑で使っている小さなものと比べて大きくて価格も高いものだし、耕作している畑の規模は10町とか100ヘクタールとかいう規模で、自分ちの畑で地平線が見える・・・なんて世界。
山は見えるかな?
肺がんで三年前に亡くなった父が、

「うちにも外車あるぞ」

などと昔のたまったことがあるのですが、当時の我が家の自家用車は国産の中古車で、外車なんてぜいたく品とは縁がないような貧しい暮らしをしていたため、

「うそー!」

と私は言いましたし、冗談だと思っていたのですが、

「フォードあるぞ。フォード」

と父はにやにやしてたんですよ。

で、我が家のフォードの正体なのですが・・・なんとトラクターでした。

トラクターといったら、ヤンマーとか国内産の有名メーカーを思い浮かべてしまうのですが、北海道のような欧米型の農業にはフォードのトラクターが使い勝手がよかったらしくて、ブランドものなんかとは一切縁のないつましい暮らしをしていた我が家にあった唯一の外車はトラクターだったのでした(^^;

普段の暮らし向きは貧しくても、トラクターやダンプカーや農機具関係はケチるわけにはいかず、効率よくたくさん収穫出来る畑を作るため、水はけの良い畑を作るためにあんきょを入れて畑の改造工事(一回で数百万かかります)を繰り返してきたため、借金はなかなか減りませんでした。

父がガンで亡くなり、生命保険のお金が入ったから、うちは農家廃業した後も借金は残ったりはしませんでしたが、そうでなかったら、農家廃業したら、自己破産か?首吊りか・・・なんて人がけっこういるんですよ、北海道の農家の人たちは。

うちも曽祖父の代から高知から北海道へ移住してきて農業始めた家でしたから、畑や農機具や馬や家の購入でまず莫大な借金を背負い、その後も、必要に応じて畑を買いたしたり、農機具やら車も必要に応じて新しいものを買い・・・の繰り返しで母が嫁入りした時には、「(ここらで)一番夜逃げしそうな家」と噂されるほど借金まみれになっていました。

父の代で随分と借金返済頑張ってくれたから、夜逃げも、一家心中もすることなく生きてこれましたが・・・

北海道の農家が生産している主な作物は、小麦、大麦(ビールや麦を主原料とする酒類の原料となるものでビール麦とも呼ばれています)、甜菜(ビートという白砂糖やグラニュー糖の原料となる作物)、じゃがもいも(ほとんどが「でんぷん」の原料)、米などであり、店頭にそのままの形で並ぶ野菜類の商品作物を生産している農家と比べると、田畑の作付け規模は大規模であるのに対して単価は安い原材料となる作物。

しかし、商品作物と比べると単価の安い作物とはいえ、今現在TPPに参加している日本よりも物価も人件費も安い国々で作られている作物と比較すると比べ物にならないくらい高いんです。

輸出なんか出来るわけないし、輸入されたものと価格競争したら勝てはしないのは目に見えているわけで・・・

もし、製粉会社が安い輸入小麦にすべて切り替え、国内産の高い小麦を切り捨てたとしたら・・・(今現在も日本の小麦の国内生産率は大変低いものなので、製粉会社側としてはすべて輸入小麦にしても全然問題ないことでしょうしょぼん

ビールやウィスキーや焼酎などの麦を原料としているお酒を作っている酒造メーカーが、高い国内産の大麦(ビール麦)を見限り、すべて輸入の大麦に切り替えたとしたら・・・

他にも、肉や乳製品類も含むのですが、冷凍食品やレトルトやインスタント食品や菓子類やスーパーの惣菜類など、加工食品の類の原料として、企業側が安い外国産の物を選んだとしたら・・・

また、どれが遺伝子組み換えの農作物を使った食品なのかもTPP参加によって表示廃止を促されればわからなくなります。

いくら消費者が食の安全求めて国内産の野菜や肉や魚や乳製品類を買い求めたとしても、企業がコストパフォーマンス重視して国内産を切り捨てたとしたら、日本の農業はおしまいなんです!

企業側は「ボランティア」で高い国内産の農作物を購入するわけにはいかないし、企業利益を優先した考えで経団連はTPP参加を望んでいるわけだから、TPP加盟したら最後、多くの国民は国も守ってくれないような環境に放り出されることになるでしょう。

日本の法律だの政策なんて、外国の企業にTPPを盾に訴訟起こされたら勝ち目がないわけで、日本の大企業はそれと同様の手口でもって東南アジアの小国相手にTPPを盾に侵略的な海外戦略を打って出る気でいるわけで・・・

結局、日本のTPP参加で得するのは、日本を食いものにする気でいるアメリカの大企業とオバマ大統領、東南アジアの小国をいいように利用しようとしている日本の大企業(経団連)と、経団連のいいなりになる政治家ぐらいなもんなんです。

今TPP参加表明したら、取り返しのつかないことになるというのに、野田首相はいったい何を考えているんでしょうね?

農業改革すればTPP参加してもなんとかやっていけるなんて、畑仕事したこともない人間に簡単に言って欲しくないんですけど、おぼっちゃん政治家の皆様方は自分が農作業するわけではないから絵空事をすぐ口にするし(苦笑)




北海道は、先日雪が降り積もりました。

それでも、寒い中トラクターのライトの明かりを頼りに朝まだ薄暗いうちから夕方暗くなるまで農作業している農家のおじさんやおばさんたちが、

「TPP反対!」

って仕事の合間にデモや集会に参加し反対活動しています。

[高画質で再生]

TPP反対!北海道の農家は雪にも負けず暗くなってもまだ畑仕事しているよ! [アダルトホームページ]

真っ暗な動画の画像の中で動いている小さな光の点は、うちの前の畑で午後6時過ぎてもまだ農作業しているトラクターのライトです。音は数百メートル先にある畑からうちまで聞こえてくるトラクターの音です。

気温は既に氷点下です。

先日降った雪もまだ残っています。

そんな寒くて暗い中、トラクターのライトの明かりだけを頼りにこの時期朝4時から夜の7時頃まで畑仕事している農家のおじさんやおばさんたちが、忙しい中、必死でTPP反対活動続行しているってことは、野田首相はご存知ないんでしょうけどね。

[高画質で再生]

小麦畑の風の音 [バックアップ]

去年の夏の麦刈りで今までの品種は最後で、今年は新しい品種の秋まき小麦の初収穫でした。

だけど、TPP参加となったら、北海道からこういう麦畑の風景は消えていくのかもしれません。


関連記事

Posted on 2011/11/19 Sat. 20:29 [edit]

トラックバック

トラックバックURL
→http://kitikunotawagoto.blog109.fc2.com/tb.php/3196-3b81cf2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | 2012/04/09 00:05

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。