1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

楽園の蛇~裏切りのNEOS~8 

「天国にいちばん近い部屋~禁断のNEOS~」の続編として、紗江ちゃんのストーカー彼氏の佐原氏とジャニスと京介のストーリーを短めの連載で書きます。
なお、この小説のオリジナル設定である強者☆さん「傀儡」「監禁」を読んでいただけると、より「ニヤリ」な感じでお楽しみいただけること間違いなし!でございます☆

今回もかなり捏造しておりますが(笑)

GUOYA アンダーウェア T-Back 「Cross」 Black (後)

「東京都青少年健全育成条例改正案情報☆現段階でのまとめ」



8.楽園の蛇~裏切りのNEOS~


 オーダーメイドの靴が出来上がってから、ジャニスはもう一度京介を元旧ボノーラの名匠サルヴァトーレ氏の工房へと連れて行った。
「実際にご本人に履いていただいて微調整する最終調整をするからこそ、最も足に馴染む状態の完成品に仕上がるんです」
と履き心地を確かめている最中の京介にそうジャニスは説明した。
「ほんまに違うもんやな」
と最終調整を終えた後、自分のために作られたその靴を履いて工房内を歩いてみていた京介は本当に感嘆してそうつぶやいた。
 新しい靴を履いてこんなに違和感なくすぐに馴染んだのは初めてだった。
 どこまででも歩いて行けそうな気がした。
『これなら…天国まで歩いて行けそうやな』
 脳裏に一瞬過ぎったその言葉を京介は口にすることなく、
「気に入ったわ…ジャニス、おおきに」
と礼の言葉を述べた。
 ジャニスはその時微かに違和感を感じながらも、ジャニスがプレゼントしたオーダーメイドの靴を京介が気に入ってくれたのがうれしくて、そのシグナルを見逃してしまった。
 その後、HEAVENS Cafeまでジャニスと一緒に戻った京介は、VIPルームで最近の佐原の様子をジャニスから聞き、京介の方で仕掛けた事柄と佐原の彼女の紗江の様子について話した。
「あれは、かなり傀儡化が進んどるわ。目つきが違う」
と京介が言うと、
「それは、おもしろいことになりそうですね」
とジャニスはニヤリと笑った。
 京介のメインのプランの片手間に佐原とその彼女の傀儡化プランで楽しませてもらうつもりでいたジャニスには、佐原やその彼女の新垣紗江がどんなことになろうが、どうでもよかったのである。
 ただ、より楽しめるよう、おもしろい過程と結果さえ見せてくれればよかった。
 京介は、
「紗江は、元々、一途な性格やったんやろう。千佳ドラッグの投与量が少なくても、継続的な投与がなされなくても、脳への呪文プログラムはしっかり効いとる。あの目は…『ちぃ』そっくりやった」
と言った京介の瞳が一瞬翳ったのと、千佳ドラッグの最初の犠牲者であるあの傀儡『ちぃ』の名前を持ち出してきたことから、ジャニスは何度も打ち消し続けてきた疑念をまた抱いた。
『京介さんは、復活したわけではなく、やはりあの傀儡に取り込まれて……』
 そう思ったら、ぞっとした。
『嫌だ!京介さんは、逝かせない』
 その後も、顔色一つ変えずに京介の話を聞き続けていたのだが、テーブルの下で握りしめていたジャニスの手の内にはなぜかじっとりと嫌な感じのする汗が滲んでいた。
 先日、佐原の車を尾行して、新垣紗江の部屋へ侵入し、眠っている紗江に薬物を投与し、脳に呪文プログラムを仕込んできたのはジャニスだったが、その後紗江と接触し呪文プログラムを本格発動させたのは京介だった。
 紗江の傀儡化が進み、事態が加速化すればジャニスにはおもしろいことになるわけだが、京介が紗江と接触しているうちに『ちぃ』とだぶって見えてしまい紗江に対して少しでも情が移ってしまっているのだとしたら…京介が引きずられてまたあの傀儡『ちぃ』が死んだ時のようになりかねない。
 ジャニスはこの時、京介が考えたプランに密かに手を加えることを決意した。
 もちろん、京介には内緒である。
 帰り際席を立ちかけた京介は思い出したかのような素振りで、
「そういえば、忘れるとこやったわ。ジャニス、これおまえにやるわ」
とジャニスに紙袋を渡してきた。
「何でしょうか?」
とジャニスが怪訝そうにそう訊ねると、
「開けてみぃ」
と京介はニヤニヤしている。
 何やら嫌な予感がしてきたが、ジャニスは紙袋を開けて、その中の一つの包装紙を開けてみた。
「なぜ、パンツ…」
 それを見た瞬間、ギョッとしたジャニスは、包装紙に包まれていた数種類の紳士用下着を凝視していた。
 その中でも自分が絶対買いそうにないそれをジャニスは恐る恐る指先でつまみあげると、
「あの…京介さん、これは?」
と訊ねた。
「ああ、忘れとったが、ここの『天国』の部屋に籠もっとった時に、おまえ、ワシの着替え買うて来てくれたやないか?それのお返しや」
と答えた京介はあきらかにジャニスの反応を愉しんでいた。
「いえ、お返しなど必要ありませんので、どうかお気づかいなく」
「そうか?もしかして、今、手に持ってるやつと同じの持っとったんか?それとも、もっときわどいのの方がよかったんか?」
「いいえ!持ってませんし、こういうのは私の趣味ではありません。佐原さんじゃあるまいし…」
と言いかけたジャニスの指先からポトリと落ちたその下着は、紳士用の黒のTバックだった。
GUOYA アンダーウェア T-Back 「Cross」 Black
「ほう、ジャニス、おまえ、佐原がどういうパンツ履いとるのか知っとるんか?」
 おもわず先走って…ではなく、口走ってしまったジャニスは、失言を京介に指摘され、
「佐原さんのパソコンの中身をリモートで見ていた時に、カメラの設置されているベッドルームでの映像を取り込んでしまいまして……」
と言いかけた。
 そして、口をつぐんでうつむいてしまったジャニスに、
「あいつはこういうのを履いとるんかぁ…まあ、気に入らんかったなら、ええ。なんなら、佐原にプレゼントしてもらってもかまわんわ。ところで、これは、どうや?」
と京介が両手で持ってジャニスの目の前で広げて見せたそれはなんと甲冑パンツだった。
甲冑パンツ
 絶句しているジャニスに、
「格好ええやろ?まさしく勝負パンツや。おまえ、これ似合うで?ちょっと履いて見せろや」
と言い京介はニヤリと笑った。
「え…あ、あのですね……」
 もはや頭の中パニック状態のジャニスは、適当な断りの言葉が浮かばない上に、京介に「おまえ、これ似合うで?」と言われてしまい、ちょっぴりうれしいような、恥ずかしいような、くすぐったいような感覚に襲われていた。
 なんといっても愛しの京介にそのようなことを言われてしまった日には、いくら日頃冷静沈着なジャニスであろうが多少なりとも舞い上がってしまったりするわけで、しばらくの間、
『今ここで履いて見せるのは、ちょっと…でも、トイレで履いてくるとかなら……』
と悩んでいたのだが、
「こういうのは、好きやろ?」
と違うパンツを手に取って京介が訊ねてきたものだから、
「はい」
とジャニスはとっさにそう答えてしまっていた。そのパンツの山の中では、それが一番まともそうに見えたからだった。
「やっぱり、そうか。おまえ、靴作りに行った日、これと同じ柄のシャツ着とったもんなぁ」
と会心の笑みを浮かべた京介にそう言われてしまったジャニスは、京介が広げて見せているゼブラ柄のシルクのトランクスを複雑な心境でみつめてしまっていた。
 素直に喜んでいいものなのかどうか判断しかねて……。
 一方、京介の方はというと、ジャニスの表情の変化や、あきらかに動揺しているのがわかる言動を観察しておおいに愉しんでいた。(続く)



「尻と下着」テーマのBLアンソロジーの漫画を先日読んだわけなのですが、どうしても納得いかなかったので、自己補完しておこうかと思った結果が、今回のこれでございます(^^;

「とにかく、下着にまつわるBL萌えなエピソードを書きたかったのです~!」

喫茶店のシーンはそれの前戯前振り…いや、伏線だったわけで、「本命はパンツ」だったわけです(キッパリ)
ちなみに、
ゼブラ柄のおパンツ(前)
紳士物の下着売り場でお目にかかるこの『尻マネキン』見ると、リカちゃん人形のパンツをスカートの中覗いて確認してから全部脱がせて全裸にして見てみるおこちゃまの如く、股間だけの『もっこりマネキン』のパンツを無性に脱がせてみたくなるのは、私だけでしょうか?

変態…いえ、これは「本能」ですよね!?

人気ブログランキングへ
☆人気ブログランキング携帯投票☆

【おしらせ】
アメブロメンテナンス時はリンク先見れないので、強者☆さんのFC2オリジナル小説ブログNEOSもどうぞ☆

ヒョウ柄メッシュハーフバック……はボツにしましたが・・・
おまけ♪・・・メッシュ素材ですっけすけ~らしいので、実際に履くとかなり透けるらしいですw
でも、通気性は良いのでは~?
関連記事

Posted on 2010/07/20 Tue. 02:10 [edit]

トラックバック

トラックバックURL
→http://kitikunotawagoto.blog109.fc2.com/tb.php/2901-2132f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。