2017/10:1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某所で長文コメントしてしまった内容の一部引用になるのですが、まだ病気との付き合い方がわかっていない人たちに向けてこのメッセージを伝えたく思います。

病気は誰だって早く治したいものですよね?

でもね、医者は魔法使いじゃないので、患者さんに「早く治して下さい」と言われたってそれは無理な注文なんです。

特に心の病は……。

ちなみに、私が初診で「神経症」の診断されてからもう13年になります。

が、厳密には小学生で神経症の機能障害と疑われる症状が出ていたため、発症はもっと早かったか、治っては再発繰り返していた可能性はあります。

あまりに通院していた病院の主治医の対応がひどくて途中で通院やめて神経症の方はある方法で自力で克服しましたが、今はおそらく一生投薬治療が必要な別の病気(躁うつ病)と付き合っています。

以前、通院やめにした病院の主治医は、薬の説明してくれなかったし、乳汁が出てしまう副作用を知らなかった私がびっくりしてパニック状態で病院行っても、

「そんなに副作用出るような薬じゃないんだけどね~」

と言ってなんら対応してくれず、乳汁は止まらず、結局他の病院で処置してもらってきたことがありました。

血液検査の結果、乳汁分泌を促す作用のあるプラクチンの数値が異常に上がってしまっている状態になっていて、

「こんなに数値上がっちゃったら大変!」

と看護師さんもびっくりしてたし、

「すごいね!これだけ出たら授乳できるよ」

と診察で搾った時に勢いよく噴射した乳汁見た医師に言われたくらい出ちゃってたんです。

未婚で処女のまだ若いメンタルやられて通院中の女には、正直言ってあれはかなりショッキングな出来事でしたよ。

子供産んだことないどころか、子供出来るようなことだってまだしたことないような女が、出るわけのない乳汁なんかが自分の乳から出てきたらなにか悪い病気なんじゃないかと不安になって悩んだりもしますし……。

その時の問題の薬は『ドグマチール』といって、乳汁が出る副作用が出ることがあるということは今なら当たり前に説明される薬です。

当時通院していたメンタルクリニックの主治医の対応ですっかり医者不信に陥りまして、しばらく病院行かなかった時期もありました。

通院やめた方が精神状態が落ち着いたというのは皮肉な話ですが…実は最悪に合わなかったんですよ、その医師と。通院がストレスになるくらい(苦笑)

今は、定期的に通院投薬治療が必要なので、通院と薬はやめてはいませんが、それでも、死ぬまで病気と付き合いながらの生活のままであったとしても出来ることはあるとあきらめてはいないし、医者や薬に依存するつもりもありません。

必要なら利用したり補助はお願いする。でも、依存はしない。

自分が今よりも良い状態を望み目指そうとする気持ちを強く持たなければ、なにやったってダメだと思うからです。

助けてくれる人たちがまわりにいたって、自分が自分にダメ出しばかりしていたら、自分自身を追い詰めてもっとダメになる。

自分が納得しなければこの手の病気は治りません。認めたくない自分を認める作業は時間かけてもやらねばなりません。

かなりつらいし相当苦しまなければならないけれども、それは自分で乗り越えなくてはならない部分なんです。

病気でもいかに前向きに幸せに生きていくかは患者本人次第です。

病気が治らなかったら人生お先真っ暗とか、「私の人生終わった」みたいなこと言わないで!

治らない病気抱えていても一生懸命生きてる人たちはたくさんいるんだよ?

だけど、病気でも不幸ばかりじゃないし、幸せになれないわけじゃない。

医者に「早く治して」なんて他力本願な言葉を口にするより、治るまでの期間病気と付き合いながら自分の夢に向かって歩いていくことを考えた方がいいと思う。

病気だから出来ないんじゃなくて、病気でも出来ることはたくさんあることを忘れないで下さい。

病気だからこそ出来ることだってある。

それを探すのが、今悩んでいるあなたの課題です。


【急募!ボランティアさん】札幌近郊(北広島)北海道ブリーダー崩壊!置き去りにされた85頭の犬たちを助けて【救援物資など支援求む!】
ボランティアの方によるHPが出来ました!
北海道ブリーダー崩壊!北広島緊急プロジェクトhttp://dog-rescue.main.jp/
もしかしたらみんなのクリックでなにかを変えられるかも?ランキング応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ
☆人気ブログランキング携帯投票☆
芸術・人文→人文→全般・その他へとサブカテゴリー移動して下さい。

☆PCからの電子書籍「女心のガイドブック」のダウンロードは以下をご利用下さい☆
『楽天ダウンロード』『PDA book』『ウェブの書斎』
★携帯からは『どこでも読書』からダウンロードしてお読みになって下さい。著者名で探す「菊池乱」で検索すればみつかります。

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。