2017/10:1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、最近のマイブーム「鬼畜眼鏡」な菊池でございますw

18禁BLゲームの方はやってないのですが、漫画と小説と動画と二次小説お楽しみ中。

キャラと設定がいいんでなかなか良いです(^^)

ちなみにおきにいりCP(カップリング)は、鬼畜眼鏡克也×御堂さんですラブラブ

二次小説だと鬼畜受けが実は好物という腐れ具合www

(眼鏡無し)ノーマル克也はイマイチ萌えない(^^;

どうやら「誰にでも優しい男」には惹かれない傾向にある模様。

ノーマル携帯乙女ゲーやってても選択する好みの男って、冷たく人を寄せ付けないタイプ、裏表のあるタイプ、意地悪だけど仕事は出来るタイプ選んでるし……誰にでも優しいとか、好青年タイプって惹かれないなぁ。

結局「誰にでも優しい男」ってヤツは「私にだけ優しい男」にはならないからなんだと思うんだけど……。

「誰にでも優しくはない男」に「限定お一人様私限り」(スーパーの特売みたいな表現でスマヌ)で大事にされる方がいいんじゃないかという気はしてる。

「誰にでも優しい男」って優柔不断で自分で優先順位つけられないような状態だから、一番大切にしなくちゃならないのは誰なのかもぶれてそうでイヤっていうのもあるかも?

たとえばね、お休みの日に「彼女」と「友達の友達」どっちの用事優先するか?って時に、その時楽しくてラクそうだからって理由で「友達の友達」の方に流れてたとしたらダメだこりゃと思うのですわ。

あるいは「彼女の方はいつでもなんとでも出来るから」と後回しにして、同情で他人様優先を繰り返すっていうのも積もり積もって彼女の不満が大爆発になりかねないからダ~メダ~メね~なのですわ。

外面いい男っていうのは、よそ様にはよくしてくれるけど、彼女や身内を一番に大事にしてないこと多々あるもんで、「他人様には誰にでも優しい男」って「恋人や家族には優しくない男」であると言える。

ちなみに、うちの父は外面は良くても内面は最悪だったもんだから、死んでから母が散々暴露しまくってました(苦笑)

積年の恨みおそろしや。

女ってこういう風に恨みつらみを何十年も蓄積させながらでも添い遂げるもんなんですね。(;°皿°)

菊池はよく女友達には「古風」とか「男を立てるタイプ」とか言われてたのですが、男はあっちの方を勃ててやる方が簡単です(爆)

女に生まれてもポジション的に「本家の長男」な感覚もあって、母みたく女の自分の視点だけで見て男のことを責められなかっただけなんですけどね。

自分が男で同じ立場にあったら女にどうして欲しいか?とか考えちゃう方だったから、女友達側から見たら「古風な女らしさ」に見えたのかもしれないけど、根本にあったのは実は「女らしさ」じゃなくてむしろ「男らしさ」(笑)

自分が男ならそうして欲しいことやってただけだから。

同じく「本家の長男」ポジションで生きてきた父のことを理解しようとしてきたし、今後菊池家を「本家の長男」ポジションで守っていくにはどうすべきかという方向性で父のやり様見て生きてきたもんで、母とは視点が全然違うところにあったわけです。

父の視点ではああで、母の視点ではこうで……と両方把握して、片方だけが悪いと責められたもんじゃないなというのが菊池の結論ではありましたが、女としては外面優先する男と一緒にいたら気苦労多いの覚悟するしかありません。

それを我慢するのが嫌なら別れろって感じ。

恋人や家族優先で大事にして欲しかったら、外面良く誰にでも優しいけど恋人や奥さんは優先しない男はやめておいた方がいい。

男の方は、たとえ同棲していたって彼女はまだ身内じゃないし奥さんじゃないってことを忘れちゃいけない。

嫁にもらってしまったらそうそう簡単によそにもっていかれないからうちに置いておけばいいよ。

仕事やいろいろと付き合いが忙しかったら嫁放置もしゃーない。

でもね、嫁なら身内で家の者だからそういう甘えは通用するけど、明確に身内になってはいない彼女は他人様であるわけだから男側のそういう甘えは通用しない。

男が女にそういう甘え方していいのは、誠意を見せてから!

誰にでも優しい男≠いい男

男性も女性もこれお忘れなく(^^;

ちなみに、これは性染色体における男女関係だけに非ずだと思います。ペタしてね
【急募!ボランティアさん】札幌近郊(北広島)北海道ブリーダー崩壊!置き去りにされた85頭の犬たちを助けて【救援物資など支援求む!】
ボランティアの方によるHPが出来ました!
北海道ブリーダー崩壊!北広島緊急プロジェクトhttp://dog-rescue.main.jp/
もしかしたらみんなのクリックでなにかを変えられるかも?ランキング応援お願いしますm(__)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ
知らないの?世の中男と女だけじゃないのは常識だよ!☆電子書籍配信中☆-お父さん 今年の桜 見れなかったね
☆人気ブログランキング携帯投票☆
芸術・人文→人文→小説へとサブカテゴリー移動して下さい。

☆PCからの電子書籍「女心のガイドブック」のダウンロードは以下をご利用下さい☆
『楽天ダウンロード』『PDA book』『ウェブの書斎』
★携帯からは『どこでも読書』からダウンロードしてお読みになって下さい。著者名で探す「菊池乱」で検索すればみつかります。

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。