2017/10:1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著名人の精神疾患リストを参考にさせていただいていたサイト様が閉鎖してしまったので、「クレイジーな文豪たち」のテーマで書けないでいた間は実は自力で資料集めをしておりました。

年譜とエピソード、あるいは作品から推測する形になりますが、病んでた昔の文豪たちについてまた書きたいと思っております。

昔は、たいてい精神を病んでしまった人の病気については、重症ではないようなら「神経衰弱」、重症なら「発狂」と呼んでいたため、明確な病名がわからなかったりします。

先に書いた芥川龍之介も病んでいたけど、その師匠の夏目漱石もまた違う病気を患っていました。

太宰治、三島由紀夫も病んでた方々です。

しかも、後者は複数の精神疾患の病名がつくであろう状態であったため生きるのが難しかった。

体じゃなくて精神的問題から彼らは長くは生きられない状態にあったのです。

ただし、彼らが心身ともに健康で長生き出来た場合を考えてみると、あのような文学作品は生み出されることはなかったと言っても過言ではないでしょう。

あれは、病んでいた人間にしか書けない文章、文学であったからです。

健康な人間の書くものと病んでいる人間の書くものは根本的に異なるもの。

病んでいる人間の視点や思考は病んでみなけりゃわからない。

時には何か憑きものにでも憑かれたようにひたすら書き綴ることもある。

あれは考えたものではなく舞い降りてきたものだから。

自分以外の何者かが頭の中で話している事柄を口述筆記していることもある。

病んだ文豪たちがおそらく持っていたであろう能力は、インスピレーションとシャーマニズム、カリスマ性。

ある種の精神病を患って病んでいた文豪は卑弥呼クラスの「巫女(シャーマン)」になる瞬間がある。

作家ではないが、昔の新興宗教の生き神様の中には、躁病であったのではないかといわれる人物もいるし、べらぼうに強かったけれども奇行エピソードも残っている力士や格闘家にも躁病と思われる人物がいる。

超人ナポレオンも躁病疑惑のある人物であるが、彼の場合はホルモンバランスに異常があったのではないかとも思われる身体特徴記録が残っておりそこのところも気になっている。

個人的には、数々の奇行エピソードを残している南方南熊も躁病であったのではないかと疑っている人物だったりする。

病んでも、生きながらにして神様になる者、英雄になる者、奇人・変人呼ばわりされながらも勝ち組に属する者もいる。

その一方で、上に名をあげた文豪たちが生きた時代には、発狂のレベルまで到達して狂人として座敷牢に死ぬまで閉じ込められた人たちが存在していたことは事実である。

だから、芥川はあんなにも自分が発狂することに怯え恐怖していたのである。

芥川の場合は、発狂した母親の血を受け継いでいる自分ももしかしたら発狂するかもしれないという不安と、発狂した場合は母親と同様に狂人として間違いなく死ぬまで閉じ込められるであろうという二重の不安があった。

本人的には生き地獄である。

ギリギリのラインで死ぬまで作家で有り続けた文豪たちは、なぜその病気の投薬治療法がなかった時代に生きながらえ創作活動を続けられたのか?

ヤンデレラ菊池は、病んでない研究者の方々とは異なる視点でもってそれを解き明かしていきたく思います。

次回は夏目漱石について書く予定ですが、気が変わったら寄り道するかもしれません(笑)


緊急事態発生!「ラパーチェの犬たちを助けて下さい!!」
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ知らないの?世の中男と女だけじゃないのは常識だよ!☆電子書籍配信中☆-ホワイトデイクリック受付中!
もしかしたらみんなのクリックでなにかを変えられるかも?ランキング応援お願いしますm(__)m
☆人気ブログランキング携帯投票☆芸術・人文→人文→小説へとサブカテゴリー移動して下さい。

☆PCからの電子書籍「女心のガイドブック」のダウンロードは以下をご利用下さい☆
『楽天ダウンロード』『PDA book』『ウェブの書斎』
★携帯からは『どこでも読書』からダウンロードしてお読みになって下さい。著者名で探す「菊池乱」で検索すればみつかります。

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。