2017/08:- - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の中川昭一財務相のG7会議後の記者会見映像について酷評するニュースは、どれもあまりにも偏向的なひどい内容なもんで、ネットのニュース引用したくないな…と思っていたので、読者登録させていただいている海紗さんの記事を引用させていただきます。

まずはこちらにリンクしている海紗さんの記事をご覧下さい。

内閣支持率低下しているこの状況下で、閣僚であった中川氏が「気の緩んだ行動」をするわけがなく、むしろ体調不良でもなんとかしっかりやらねばならないと思ったからこそ、風邪薬で症状を抑えようと通常の倍量も飲んでしまったのだろうとは考えられます。

確かに中川昭一氏はお酒好きな方で以前はいろいろあったかもしれませんし、周囲の方々からご忠告いただいていたでしょう。

それだけに、ご本人も体調不良な最近は気をつけていたはずで、マスコミのあの騒ぎようはまるで酒を手放せないアルコール依存症とでもいいたげな異常な騒ぎっぷりで、正直な話うんざりしてしまいました。

現職国会議員の中には、与野党問わず、酒豪と名高いお酒好きで大酒飲みな方々は他にもいらっしゃるんですけどね(^^;

本当に日本の国益云々言うのなら、日本のマスコミこそ自国の恥を憶測の段階で大袈裟に世界に発信すべきではなかったのでは?

おかげですっかり外国にはあの会見を「日本の財務相の酔っ払い会見」と誤解され、かなり辛辣な皮肉や嘲笑の的にされています。

「この国益の損失をどうするつもりなんでしょう?マスコミの皆様方は」

報道した側にも問題がないとは言えないでしょう。

気心知れた地元でついつい気が緩んで飲み過ぎてしまったのとは違って、外国で公務中に深酒するほど中川氏がおバカさんであると思ったのなら、そう思っている人たちの方がおバカさんですよ。

ただし、中川氏は大失敗をやらかしてしまった。

G7の映像のあの状態を引き起こした薬の作用・副作用にやられてしまったんです。

風邪薬だから少しくらい多めに飲んでも大丈夫だろうくらいのつもりで倍量お飲みになったのでしょうが、それが大誤算でした。

中川氏の飲んでいたのは、主治医の処方した処方箋薬なわけで、市販の総合感冒薬と異なりピンポイントに的確に効いてくれる薬が数種類出ていましたが、そのかわり分量を守って飲まなければ大変なことになる代物だったからです。

しかも腰痛止めに鎮痛剤も飲んでいたのですから、風邪薬と相乗効果でよけい眠気も増したことでしょう。

薬の飲み合わせや分量を間違えると効き過ぎて、薬本来の作用も副作用もとても強く出てしまい朦朧とした状態になることがあります。

だから、薬によっては服用後の車の運転などを避けるように注意書きがされているんです。通常量飲んでもそういった面では危険があるから。

タミフル騒動思い出していただければわかりやすいかと思われますが、ある薬を飲んだことによって思いもよらぬ状態に陥ることはあるんですよ。

タミフルと似たような奇行が睡眠中の意識のない状態で起きるという服用者が多数いる睡眠薬だってあります。

薬によっては飲むとろれつが回らなくなる副作用が出ることだってあります。

疲労と風邪薬の飲み過ぎにより強烈な眠気に襲われ、意識朦朧としてしまったところを、中川氏はたまたま運悪く映像に撮られ世界中にその姿を流されてしまいました。

だからと言って、なんで今回の件をああまで叩かれなければならないのかが不思議でたまりませんよ。

私は絶対に風邪ひかないって言える人いますか?

閣僚は風邪ひくなとか病気になるなとか言えますか?

閣僚も政治家も人間です。

在任中にお亡くなりになってしまった首相だっているじゃないですか!

養生したくても養生出来ないような状況下で仕事していたら、薬飲んでなんとか乗り切ろうとするもんじゃありませんか?

G7会議での中川氏の発言の素晴らしさをイタリアは評価しているのに、なぜアメリカも日本もそこには触れないんでしょうか?

あの映像のことを憶測で揚げ足取りする報道ばかり。

中国でも中川氏がお酒好きであることを強調した新聞記事が出ました。

G7会議自体はしっかりと務めを果たしてきているその事実はものの見事に黙殺されています。

風邪薬を多めに飲んで会議はしっかりやってきた中川氏、風邪薬の飲み過ぎで大臣お辞めになるような事態に陥るとは思ってもみなかったでしょうから、なんともお気の毒です。

ただ、中川氏にはこれに懲りて今後は分量守って正しい薬の飲み方をしていただきたく思います。

皆様にも、薬の飲み方は正しい飲み方を守っていただきたく思います。

たかが風邪薬、されど風邪薬でもって、大臣お辞めになるようなことになるせちがらいご時世ですから、何が起こるかわかりませんからね(苦笑)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ知らないの?世の中男と女だけじゃないのは常識だよ!☆電子書籍配信中☆-人気ブログランキング
もしかしたらみんなのクリックでなにかを変えられるかも?ランキング応援お願いしますm(__)m
☆人気ブログランキング携帯投票☆芸術・人文→人文→(全般・その他)へとサブカテゴリー移動して下さい。

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。