2017/08:- - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリック医薬品を使わない理由、「医者に薦められないため」が65%(注)msnのページなのでPCからの閲覧推奨。

携帯から見ている人たちにも是非読んで欲しい内容なので、今回は記事全文を引用させていただきます。


「ジェネリック医薬品を使わない理由、「医者に薦められないため」が65%」

 特許期間の切れた新薬と同じ成分、同じ効果でありながら低価格で提供できるジェネリック医薬品。2008年4月から医者が記入する処方せんの様式が変更され、ジェネリック医薬品の利用促進が図られているが、実際に使ったことがある人はどれだけいるのだろうか。

 アイシェアの調査によると、医者から薬を処方されたことのある人でジェネリック医薬品を使った経験がある人はわずか23.9%に過ぎなかった。

 ジェネリック医薬品を使用した経験がある人は、どのような理由から使うことにしたのだろうか。使用経験のある人に尋ねると、「価格が安いため」が52.2%と最も多かった。以下、「医者に処方されたため」(42.2%)、「効能に差がないため」(23.3%)が続いた。男性では「価格が安いため」が1位だったが、女性では「医者に処方されたため」が1位だった。

 価格が安いにも関わらず、半分以上の人がジェネリック医薬品を使っていないのはなぜなのだろうか。使用経験のない人に理由を尋ねると、「医者に薦められないため」が65.0%でトップ。以下、「ジェネリック医薬品を知らなかったため」(12.9%)、「効能面で不安なため」(5.9%)が続いた。ジェネリック医薬品の使用には、薬を処方する医者の意思が大きく関わってくるようだ。

 携帯電話による調査で、調査対象は男女376人(男性51.1%、女性48.9%)。調査期間は、9月22日から28日。


以上がリンク貼った記事本文です。


このブログ見ている皆様、「ジェネリック医薬品」ご存じでしたか?

菊池は、以前テレビで広告流れしたのを偶然見て知りました。

通院している病院の廊下の壁にジェネリック医薬品のご案内ポスターかなんかが貼ってあったのも見た記憶があります。

まだ前主治医(移動でいなくなりました)がその病院にいた時期なので、少なく見積もっても一年半以上前、おそらく2006年か2007年であったかと思われます。

2007年の処方で、

「同じ効き目のある薬なんだけど、こっちの方が安いから替えましょう」

と前主治医に言われてその時一時的に使用していた下剤と睡眠薬を変更したことがあったのですが、そういえば「ジェネリック医薬品」という言葉を用いての説明はありませんでした。

菊池の方は知ってたから、

「もしかしてジェネリック医薬品に変えたのかな?」

とは思いましたが、まあ効能同じで安いなら安い方がいいに決まっていますから、医師に薦められたらNOとは言わなかったのですが、今思えば、

「それってジェネリック医薬品ですか?」

と質問して確認しておけばよかったなとは思いました。

病院内にジェネリック医薬品のおしらせ貼ってあっても、それを必ず患者が見ているとは限りませんし、

「ジェネリック医薬品であることは医師が最初の処方の際に説明すべきなのでは?」

と疑問に思ったからです。

安い方のお薬薦めてくれたのはありがたかったけど、ちょっと先生説明不足だったかな?

ジェネリック医薬品を知らない人には、ジェネリック医薬品と知らぬままに処方されることになるんですよね。

それじゃあ、実際には使用されていたとしても「ジェネリック医薬品」であることを患者は知ることないんで、「ジェネリック医薬品」の認知度は上がらないのでは?

使用している患者が「ジェネリック医薬品」という言葉を知らないから。

「本当にジェネリック医薬品が使われていないのか?」

「それとも、ジェネリック医薬品を使っていても主治医の説明不足で患者が知らないだけなのか?」

実態は病院や主治医にジェネリック医薬品を処方しているかを確認してみないとわかりませんが、これ読んで、

「あ、言い忘れてたことあったな」

と思い当たる節があるお医者様がいらっしゃいましたら、処方している薬の中でジェネリック医薬品と代替出来るものがあれば、患者さんに、

「ジェネリック薬品という効き目は同じでも安いお薬もありますが、どうしますか?」

と是非訊いてあげて下さい。

薦めるよりも患者に選択させる形で決めて下さい。

いろいろおありでしょうから(笑)


それから、患者さんの方も、

「先生、今の処方にはジェネリック医薬品はありますか?」

とジェネリック医薬品使ってみたい人は確認してみた方がいいと思うんですよ。

既に処方されているかもしれないし、これから処方してもらえるかもしれない。

「ジェネリック医薬品」という言葉を知っているなら質問してみればいいんですよ。

身銭を切ってるのは患者の方なんですから。


☆人気ブログランキングへ投票☆(PC用)
☆人気ブログランキング携帯版☆人文→(全般・その他)へと移動して下さい。
にほんブログ村 医療・医者
にほんブログ村 政治・社会問題
にほんブログ村 性同一性障害
  ↑
もしかしたら、みんなのクリックでなにかを変えられるかも?
変わるかどうかはわかんないけど、なんかやってみなくちゃ始まらないっしょ?

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。