FC2ブログ
2018/09:- - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 - - - - - -

さて、前回の続きで今回はGIDという心と身体の性別が合致していない人たちの恋愛や結婚やセックスについてちょっと書きます。

FtMの方はわりと心身ともに男でノーマルですという人と同じように、性自認男で恋愛や性的興奮対象は女性というケースが多く、交際相手の女性と結婚するために身体と戸籍の性別変更を希望する人もいます。

FtMと女性との恋愛はレズビアンとは別物なのでご注意を!

自分は男と認識していて普通に女性を好きになったFtMの方をレズ扱いするということは、女性が好きだというノーマル男性をレズ呼ばわりするのと同じなんで、とても失礼なことだし相手を不快にさせることだからです。

GID以外の同性愛者(ゲイ)や両性愛者(バイセクシャル)も当然GIDの中にもいますが、FtMの方がわかりやすい恋愛や性対象を選ぶように思われます。

年代上のFtMの方々には、親のため、世間体のために結婚して子供産んだけど、やっぱり耐えられなくなって離婚したという人たちもいます。

離婚したFtMの方は男性とのセックスは苦痛だったと言います。

FtMの場合はやりたくなくて濡れてなくたって、受け入れることは可能な身体を持っているため、身体的には男性との結婚生活で夫婦間のセックスをすべて拒否することは出来ません。

心は男なのに男と結婚して男とセックスしなくちゃならないという状況はまさに耐えがたきを耐えです。

一方、MtFの場合は、なんとか親や周囲の期待にこたえて違和感感じながらも女性と結婚してみても、家族として仲良く暮らすことは出来ても、セックスやセックスしなければならないという義務感を苦痛と感じていることが多く、いざという時に勃起しないこともありセックスレスになることもあります。

MtFの場合は身体は男ですから勃たなきゃ出来ないからやらずに済みますが、現代の離婚理由の上位には「性の不一致」というセックスに不満があったから離婚しましたというケースがあるんです。

奥様がセックスしたくなくなるお年頃までがんばんないと家庭崩壊ありえます。

バイセクシャルやレズビアンに該当するMtFの場合は、本当に女性に恋してカミングアウトしないまま男性として結婚することもあるため、それなりに奥様と仲良く暮らして子供も出来たりもします。

ただ、性自認が女性であるがために、男性としてのセックスをやらねばならないという精神的ストレスからセックスには消極的な傾向にある人も存在しています。(ちなみにそういう方はSかMかというとM傾向強いです)


男は女を好きになるもの。

女は男を好きになるもの。

世の中、そういうヘテロ(異性愛者)ばかりじゃありません。

当然、GIDの中にも精神的ヘテロ以外も存在しています。

MtFで心は女なんだけど女性が好きというレズに該当する人もいますし、MtF同士での恋愛やセックスも存在しています。

FtMは比較的心は男で恋愛やセックスの対象は女性という人が多いのですが、やはり中にはホモセクシャルに該当する男同士の恋愛やセックスを求める人もいるだろうし、FtM同士もあるかもしれません。

MtFは断言しているのにFtMは推測なのは、MtFは実際にそういう人たちを知っているからです。

FtMの方に関しては、菊池が実際に知っている人たちは精神的にはヘテロという方が絶対多数といってもいいくらいで少数派のケースは実際のところよくわかりませんので推測です。

FtMのバイセクシャルで後にゲイになった人は知ってますが、完全にゲイというケースは知らないので小説は想像で書いていますが、少数派故に言えずにいる人っているはずなんですよ。

GIDの方々もそれ以外と同様に自分の自覚している性別だとアブノーマルと称される対象に性的欲求の方向が向いてしまう人はいると思います。

自己の性自認と恋愛対象だの性的欲求の対象というものは別物だから。

子作りは健康な男女の身体を持つカップルじゃなくちゃ出来ない。

だけど、人が人を愛するということには性別は関係ありません。

愛の形は人それぞれ違うかもしれないけれども、人が人を愛するということ自体は間違いなんかじゃない。

ところが、悲しいことにGID同士にも差別は存在しているんです。

精神的ヘテロ(異性愛)を普通と思っている人が多いから、MtFは男性以外の恋人がいるMtFに対してノーマルの人たちが侮蔑するような感覚で嫌悪を露わにする人もいるんです。

おそらくFtMにも同様の反応する人たちはいるでしょう。

レンタルドール外伝ではそういうところを書きたかったので、GIDでFtMの薫先生はおもいっきり異端の人な設定にしちゃいました。

どこのカテゴリーであっても少数派とか異端いじめはあります。

思想やら嗜好の違いはある。

そういうことって、小説の中では誇張してキャラ作りして設定しておいた方がわかりやすいので、わざと極端な書き方しています。

菊池は、エッセーやら日記やらノンフィクション小説では出来ないことをフィクションの世界で表現します。

真に伝えたいことが最終的に伝わればそれでいい。

小説というフィクションの中から一片の真実を感じ取っていただければよいかなぁと思っています。

伝えたいあなたたちに。

ランキング移動予告!どこに行くかはまだ内緒w
☆人気ブログランキングへ投票☆(PC用)
☆人気ブログランキング携帯版☆人文→(全般・その他)へと移動して下さい。
にほんブログ村 医療・医者
にほんブログ村 政治・社会問題
  ↑
もしかしたら、みんなのクリックでなにかを変えられるかも?
変わるかどうかはわかんないけど、なんかやってみなくちゃ始まらないっしょ?

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ライフメディア

ライフメディアへ無料登録

ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

☆ポケクリ☆
レンタルドールYUKI
レンタルドールKEI
レンタルドール☆あらかると(JUNE系SF短編集)
夫が女になった時~性同一性障害(MtF-GID)編~

カテゴリー+月別アーカイブ

2018年 09月 【9件】
2018年 01月 【2件】
2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳