1. 無料a

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

楽園の蛇~裏切りのNEOS~2 

「天国にいちばん近い部屋~禁断のNEOS~」の続編として、紗江ちゃんのストーカー彼氏の佐原氏とジャニスと京介のストーリーを短めの連載で書きます。
なお、この小説のオリジナル設定である強者☆さん「傀儡」「監禁」を読んでいただけると、より「ニヤリ」な感じでお楽しみいただけること間違いなし!でございます☆
札束 500万
「東京都青少年健全育成条例改正案情報☆現段階でのまとめ」


楽園の蛇~裏切りのNEOS~2


 京都のあの惨劇の後、佐原がまた事件を引き起こした。
 よくもまあ、たかが女一人のために次から次へと事件を起こせるものだとジャニスは呆れ返りながらも、しばらくの間退屈せずに済みそうだとも思いニヤリと笑った。
 佐原が『紗江補完計画』の一環として、始末してきた害虫「葛巻」とかいう大学生は、今のところは「身元不明のバイク事故死者」という形で報道されてはいるが、このまま手を打たずにいれば、佐原どころかジャニスや京介のプランにまでも支障が出かねない。
 こちらにまで捜査の手が伸びてくる前に佐原の起こした「葛巻事件」を闇に葬るため、ジャニスは早いうちに京介に連絡をし手を打った。
 警察諸関係への手回しは京介の方が力を持っていたからである。
 HEAVENS Cafeに京介が到着したら、VIPルームでジャニスは今回の事件について要点を押さえて説明し、事後処理依頼として1000万の金を渡した。その際、その半分の500万は佐原がこの後持ってやって来るということを告げ、京介の方には半分は佐原からの依頼であるということを認識させておいた。
 ただし、
「この金を受け取ったと言う事は内密に」
と釘を刺して置くことは忘れなかった。
「何故だ?」
と訝しげにそう訊ねる京介にジャニスは、
「彼にはあくまでも、京介さんの善意だと思い込んでもらわないといけません」
と答えた。
「より事態を加速化させるつもりやろ・・お前?」
 そう言って得心の笑みを浮かべた京介に、
「ええ、私は面白い事が大好きですから・・」
とジャニスはニヤリと笑って見せた。
「恐いのぅ・・お前」
と言いながら笑った京介も、
「京介さんに言われるとは思いませんでした」
とやはり笑いながらそう答えたジャニスもどっちもどっちといった感じではあったが、京介に「恐いのぅ」と言われたジャニスはなぜかうれしそうだった。わずかに頬が紅潮していたが、肩まで伸びたゆるくウェーブのかかったジャニスの金色の長い髪がそれを覆い隠していた。
 この瞬間は、ジャニスにとっては至福の時であったが、京介はジャニスの本心には未だ気づくことはなかった。
 そうこうしているうちに佐原が店に到着したことを従業員が告げに来て、ジャニスはVIPルームへ佐原を案内するよう指示した。
 京介と二人のこの空気が邪魔されたことをほんの少しだけジャニスは惜しく思ったものの、佐原がやって来るのは最初から予定していたことだから致し方がない。京介に気づかれないようにジャニスは小さくためいきをついた。
 京介の手を借りる際に、あえて佐原に恩を売る形にしたのには理由があった。
 佐原の方は後腐れのないように「ビジネス」として「金」で京介に事後処理依頼をするという形を取りたがっていたため、ジャニスは京介が直接佐原からは金を受け取らないように仕組んだのである。
 店のVIPルームに佐原と京介を二人きりにしてから、モニタールームへ向かったジャニスは部屋に入るとすぐに鍵をかけた。
 念のため盗聴器類の有無を専用機器を使って確認した後、ジャニスは必要な時だけ使用するようにしているVIPルームに仕掛けた盗聴器から受信している音声を聞き始めた。イヤホンを使用した方がコンパクトで外出時には便利なのではあるが、どうにも耳の穴に押し込んだ物を繰り返し使用することには不潔感を感じ、ジャニスは音声受信の際にはヘッドホンを使用している。
 盗聴器というものは周波数さえ合ってしまえば、偶然近隣に居合わせた他の受信機を持っている者にも聞かれてしまう可能性がある物であるため、ジャニスは必要な時だけVIPルームに盗聴器を仕掛けることにしていて、今日も京介が到着する前に盗聴器を仕掛けておいた。
 必要時以外は盗聴器は回収し、更に用心深く他の盗聴器類の有無のチェックまでしている。
『金?お前からは貰わんで』
と言う京介の声が耳にあてているヘッドホンから聞こえてきたかと思うと、
『どうしてだ!?』
と不審そうに詰問する佐原の声が聞こえてきた。
 ジャニスは京介はどう答えるだろう?と興味津々で盗聴中の京介と佐原の密談内容に聞き入っていた。
『友達やないか・・なぁ佐原・・』
 ジャニスは、京介のその答えにニヤリとした。
 毛嫌いしていた京介に「友達としての善意」という形で恩を売られれば、感情的に捉える佐原には、必ず京介をほんのわずかでも「友達=味方」として信用する気持ちが生じるものと読んでのことであった。それは、佐原の表層意識よりも潜在意識に深く刷り込まれるであろうから、佐原自身が気づかぬうちに今後の京介の言葉を信じる隙を作ることになるだろう。
「さすが、傀儡師・・京介さん、よくおわかりでいらっしゃる」
とひとりごとをつぶやいたジャニスはどことなくウキウキしている様子であった。
 また、面白いことが始まる。
 佐原という傀儡が楽しませてくれることだろう。
 ジャニスは佐原の飲み物には「千佳ドラッグ改良版」の方をほんの少し混ぜておいた。
 これで密談中の京介の言葉に佐原は軽い違和感を感じながらも洗脳されること間違いなしであった。
 二人の密談が終わった後、ジャニスはVIPルームへ向かい佐原と話をした。
「俺は奴を誤解してたのかもしれないな」
と京介についてそう述べた佐原の表情はぼんやりとしていた。それはドラッグが効いているからであった。発言の内容からいっても京介の洗脳は確実に効いている。
「大丈夫ですよ、彼はそれも分かっています」
 ジャニスは佐原を安心させるかのように、出来るだけ親身になっているように聞こえるような声色でそう言った。
 すると、
「そうか・・・いちおう500万持ってきた。京介の気が変わったら渡してやってくれ」
と佐原は用意して来た金をセリーヌのバッグの中から取り出してテーブルの上に置いた。
「そうですか・・分かりました・・」
 かくして、ジャニスは当初の予定通り佐原から500万を回収することに成功した。
 佐原が帰って行った後、VIPルームに仕掛けた盗聴器を回収したジャニスは、
「いつも他者を見下げている、あの言い回しや考え方が嫌いだというのは、お互い様だ、佐原・・・ただし、お前の言う『完璧だ』にはずいぶんと穴が空いているようだが」
とひとりごとをつぶやいたジャニスは、ククッと押し殺した笑い声を漏らした。
 あの後、ビールを飲みながら佐原が語った「新垣 紗江 完全補完計画書」の内容は今までの佐原のプランに輪をかけて更に酷過ぎるものであった。
 しかし、酷い・・酷過ぎる・・これは後々大事件に発展する恐れがある・・と、ジャニスは内心思いながらも佐原を止めはしなかった。
 佐原という傀儡とその傀儡で楽しむつもりでいたからである。 
 京介と佐原の傲慢な面は一見酷似しているようにも見受けられたし、それゆえに佐原の京介に対する反発が強いのだということにもジャニスは気づいていた。
 が、自らを過信し、感情的に行動し、プランを穴だらけにしてしまっても『完璧だ』と自信満々で推し進め、何度失敗に終わってもそれが自らの愚かさ故であるとは気づこうとしない佐原の方がジャニスからして見れば滑稽であった。
 傲慢であってもどちらの方が気に触らないかというとジャニス的には京介の方であった。
 人間性の在り方が根本的に異なるところが面白い。
 佐原のように感情論でもって自分の一視点から自説を唱える輩には己が見えていない。
 また、そういう人間は必ず墓穴を掘って失敗するし、同じあやまちを繰り返すことが多い。
 しかし、京介はまるで異質だった。
 人を人とも思わぬようなところがあるのではあるが、傀儡化しようとしている人間やそれ以外の人間に対しても、実につけ入り取り込むのがうまい。悪魔の囁きとも言えるものをここぞという時に使う。
 客観的に「他者」も「自分」も捉えるマルチな視点を持っていなければ、ああいう言動でもって立ち回ることは出来ないわけなのだが、この時点でのジャニスには京介の「主観」がまだいまひとつ掴めてはいなかった。
 それが見えて来た頃には、おしまいの時が近づいていたのだが・・・。(続く)



【周波数】
盗聴器以外にも周波数が合うと厄介な物があります。
リモコン(遠隔)式のブブブッとか、ウィーングィーンといった音を発しながら振動したり、うねったりするアレでございます。
同じホテル内とかご近所とかで同一周波数のリモコンを操作している人がいたりすると、手持ちのリモコンの電源を切ってもアレの動作が止まりませんwww
あの手のリモコンはどうやら稼働優先型に出来ているようです(爆)

さて、周波数のお話はお役に立ちましたか?
役に勃った立ったという方はランキング応援クリックお願いします♪
☆人気ブログランキング携帯投票☆
関連記事

Posted on 2010/04/05 Mon. 00:00 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。