1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

最後におまえに言いたかったのは・・・(前編) 

 実は、これは昨年お亡くなりになったある死者の声を小説にしたものです。
 たまたま波長があってしまったのでしょう。聞こえてしまいました。
 友人の親友だった方で……小説として書いて友人に送ってしまうまでの間、ずっと頭の中で話し続けていました。さびしかったのと、友人のことを死者が心配していたのではなかろうかと思っています。
 だから、これは、レクイエムのようなものです。
 オリジナルのまま公開する気は最初からなかったので、今回少し手直しして公開することにしました。 
 3月14日は世間様的にはホワイトデーなのでしょうが、菊池にとっては何年経っても命日なので。
 作品だけ残して逝き急いだ人の声が耳から離れず、何もしなかった自分を責め続け、泣き、長い間この時期は心身不調に悩まされ続けもしました。
 今でも悔いは残っています。
 それでも、どんなに後悔したところで、死んだ人は戻ってはきません。
 バカな死に方したやつの最後の声をお届けすることによって、ODや自殺を踏み止まってくれる人が一人でもいてくれたら……そういう願いを込めて、この「最後におまえに言いたかったのは・・・」という小説を公開します。
  


 居ても立ってもいられなくなって、またいつものように次々薬を飲み下していった。
 薬物の大量摂取……人は、これをOD(オーバードーズ)と呼ぶ。
 違法なドラッグの類の使用ではなく、病院で処方された睡眠薬などを一度にとんでもない量飲む行為。
 処方箋通りに決まった量を飲まなければいけないということはわかっている。
 けれども、時々、どうしようもなく追い詰められ、苦しくてたまらなくなって……そして、自分をもっと逃げ場のないところまで追い詰めたくなると、衝動的に俺はこの薬を大量に飲んでしまう。
 その結果、今まで何度か死にかけた。
 だけどさぁ、人ってそうそう簡単に死なないもんなんだなぁ。
 本当に死にたくてたまらなくなってODした時も死ねなかったよ。
 それでも、他人様が言う「普通に生きる」ということは俺には難し過ぎて、苦しくて、苦しくて、たまらなくなるから、ODやるのやめられない。まだ生きていたいから。
『こんなことしなくちゃ生きていけない俺は人間失格なのか?』
 そんなことを思いながらも繰り返すうちに麻痺する感覚。
 境界線はどこだ?
 俺は今どこにいる?
 そんな時、俺を引き戻してくれたのがおまえだったんだよ、川島。
 不安な時、迷ってる時、怖くてたまらない時、泣きたい時、さびしくてたまらない時、
「かっわし~ま!」
と「もしもし」なんていう間もなく、わざとすっとぼけた能天気な出だしで、深夜の電話で話し始める俺がおバカなこと言ったりするとさ、
「バカ山田!」
って怒るのおまえだけだったよ。
 そんな風に俺のこと扱うやつなんかいないのにさ。
 俺、おまえの前ではおバカキャラだけど、これでも二科展特選入賞の新進気鋭の新人画家なんだぜ。
 だけど、俺、川島には怒って欲しかったんだよな。
 あ~、ちょっと、違うな。
 そう!叱って欲しかったんだ。
 俺のこと本気で心配して、バカな俺のこと本気で叱ってくれる人が欲しかったんだ。
 いつか見捨てられるんじゃないかと不安でたまらなかったけど、
「そのくらいで嫌いになるわけないやん!」
って身長150センチもないようなちびっこのくせして、めっちゃ強気なおまえにそう言われると、俺は心底ほっとしたんだ。
 束の間の安寧。
『俺は、まだここで、生きていても、いい…みたい…だ』
 そんな風に俺が思ってたの、おまえは知らなかっただろ?
 視界が揺れる…ぶれる。もうじき意識を手放す時がやってくる。
 そんな時になって、ふと思い出したんだ。
「そういえば…今日って……川島の誕生日やん」
 途端に、
「お嬢様の誕生日に『おめでとうございます』のメールも寄越さないなんて、バカ山田執事は何やってるのよ!執事失格だよ!!」
って怒りまくってる川島の声が頭の中を駆け巡った。
「やべ…メールしなくちゃ」
 もう体をちょっと動かすのも億劫になっていたけど、携帯を両手で持ってなんとかメールしようとしてみた。
 だけど、薬で朦朧としている俺には、もう携帯の画面に表示されている文字すらろくに読み取れなくなっていた。
 それで、メールはあきらめた。
 替わりに川島に電話した。
 ここ最近は、川島の仕事が忙しそうだったから、電話では話してなかったけど、毎日、毎日、リダイヤル押してはすぐに切ってを繰り返してたから、こんな状態でも電話なら出来るから……。
 リダイヤルボタンを押した。が、電話越しに呼び出し音がむなしく響くだけだった。
「仕事中…だよな…川島」
 俺はつながらない電話を切った。
 そして、つながらなくてよかったかもしれない…とちょっとだけ思った。
 こんな明らかにまたODやったのがわかる状態で電話なんかしたら、仕事中の川島を心配させるだけだ。
 今日はめでたい川島の誕生日なのに、それでは失礼過ぎる。そう思いながらも、俺の頬を温かいものが伝い落ちていった。
「ごめん…川島。目が覚めたら、『誕生日おめでとう』って…電話するから……」
 俺はもう二度と目覚めることのない眠りにつくまで、川島に「ごめん」と言い続けていた。
 俺、今日ほど自分の馬鹿さ加減を恨んだことないかも?せめて、ODする前に気づけばよかったな、川島の誕生日だって。
 そしたら、ODする前にメールか電話で「誕生日おめでとう」くらい言えたかもしれなかったのに……これが、悔恨の情ってやつなのか?今、めちゃくちゃ悔しい。親友の誕生日も思い出すことなくODした自分勝手な自分が恨めしい。あまりにダメ過ぎる。川島と執事とお嬢様ごっこしてて、俺、執事役してたくせしてなんでそういうところに気が回らないんだよ?
 あ…堕ちる。意識が…途切れて……いく。それと同時に今まで感じたことのない種類の胸の苦しさを感じて無意識のうちにもがいたが、その時にはもう俺の思考は停止していた。(続く)
関連記事

Posted on 2010/03/14 Sun. 03:32 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。