1. 無料a

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

卒業~わからない感覚~ 

 私、この子苦手だ。

「おねえさま」

と潤んだ瞳で上目遣いにみつめられるとなぜかぞっとする。

 妹の友達なんだけど、なぜかこの子だけ、私のことを「おねえさま」と呼ぶ。

 他の子は、「美紀ちゃんのお姉ちゃん」とか「お姉ちゃん」とか普通に呼んでくれるのだけど……。

 うちの学校は女子校なんかじゃなくて、普通の公立中学なんだけど、どういうわけか私は女の子からお手紙もらったりする。

 ラブレターとかとは思いたくはなかったし、読んでみてもお手紙くれた子が何を求めているのかもわからなかった。

 返事が欲しいというわけでもなかった。

 とりあえず、読んでもらえれば満足ってやつなのかな?

 私にはわからない感覚だ。

 バレンタインデーは、とうとう好きな男の子にはチョコレート渡せず仕舞いだったけれども、女の子からはチョコレートもらった。

 だから、ホワイトデーの前日はお返し用にクッキー焼いてラッピングしたりしていた。

 私はずっと地味な文化系の部活やってて三年の時に部長になった。

 三年間ずっと図書委員していて、ぜんぜん目立つようなタイプではなかったはずなのに、なぜか女の子ウケはよかった。

 容姿だって普通だと思う。

 特に背が高いわけでもないし、特別スタイルがいいわけでもない。

 ただ、親戚のおばさんたちにはよく、

「品の良い顔立ちをしている」

「気品がある」

とほめられた。

 とりあえずお行儀は良い方だけど、おばさんたちの言う「品の良さ」っていうのは、私にはよくわからなかった。

 ひまさえあれば本読んでいるような本の虫だったから、クラスでは孤立していたはずだった。

 なのに、家庭科や体育の授業で班を作ったり組くんだりする時には、引っ張り合いにあってどっちに行ったらいいのか困ってしまっていた。

 理解不能。

 なんで私なの?

 他の空いてる子と組んでもいいんじゃない?

 自分も女の子なんだけど、まわりの女の子たちが何考えてるのかわからない。

 あまりテレビ見ないから、アイドルとかはわからないし、ドラマとかの話されてもわからない。

 だから、休み時間やお昼休みは女の子のグループで群れているよりも、一人で読書している方がよかった。

 それにしても…妹と仲良しのあの子が一番わけわかんない。

 直接『おねえさま』って言い方はやめてと言えばいいのかもしれないけれども、なぜか私は言い出せないでいる。

 なんとなくそれを言ったら、あの子が泣き出してしまうような気がしていたから……。

 私はあの子と廊下で出くわしてもなるべく目をそらした。

 あの子の視線が怖かった。

 あの子は他の女の子とは違う目つきをしていた。

 目を合わせるととても居心地の悪さを感じた。

 目を見ずに口元見ていれば、口元のほくろのせいか妙に大人っぽい色香をただよわせているような気がしてそっちも見れない。

 やっぱり、苦手。

 なるべく避けるようにした。

 でも、卒業式の日、予想はしていたもののあの子は私のところへやってきて言った。

「おねえさま、スカーフ下さい」

 あまり人通りのない方の階段の踊り場で、私はするりとセーラー服の胸元の白いスカーフを抜き取ってあの子に渡した。

「ありがとうございます!」

 あの子は深々と頭を下げたら勢いよく階段を駆け下りて行った。

 私は、しばらくの間、ごく自然に自分がしてしまったことに呆然としていた。

 うちの学校の場合は、卒業式には、好きな男の子には第二ボタンもらいに行くし、好きな女の子にはセーラー服のスカーフをもらいに行く。

 それをあげてしまったということは、相手の気持ちを受け入れてしまったということになる。

 私には好きな男の子がいたけれども、朝一で持っていかれてしまったようで、私が気がついた時にはすでに第二ボタンは無くなっていた。

 あきらめ半分ではあったけれども、たぶんあの子が一番私のスカーフを欲しがってくれていたのだと思ったからあげてしまった。

 同じ気持ちはあげられないし、今日で私は卒業してここからいなくなる。

 それでも、最後にスカーフ一枚で納得してくれるのならいい。

 もう、あの子に熱っぽく潤んだ瞳で上目遣いにみつめられることがなくなるのかと思うと、ほっとするようなちょっとさびしいような微妙な気分にはなっていたけど……。(Fin)

こんにちは!トラックバック担当本田です!今日のテーマは「卒業」です。卒業シーズン真っ只中ですね!友人の子供が、今年卒園をするそうで、ママさんたちは準備に忙しそうにしています!子供たちも一生懸命、卒園式で歌う歌などを練習しているようでなんだか心がほんわかしてきます^-^みなさまは「卒業」といえば何を思い出�...
トラックバックテーマ 第920回「卒業」

関連記事

Posted on 2010/03/10 Wed. 01:19 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。