1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

ひとりにしないで 18 

 歯ぎしりは偶然だった。
 診察の結果、現段階では破傷風発症はしていないとのことだった。
 しかし、まだ、破傷風の潜伏期間中であるから油断は出来ない状態ではある。
 二度目のワクチンを打つまでの間に発症したら、入院治療させることになる。
「薫さん、あなた寝てないでしょう?夜間はカテーテル入れっぱなしにしておいて問題ありませんから、ちゃんと寝ないとあなたの方が倒れますよ!」
と帰り際に女医に言われたが、心配で心配で眠れやしない。それ言ったら睡眠導入剤でも出されそうな気がしてたから、曖昧に微笑んで、
「二、三日やそこら眠らなくたってどうってことはない。適当に仮眠取りますから大丈夫ですよ」
と僕は答えた。
「無理しないで下さいよ…って言ってもどうせあなたは聞かないんでしょうけど、橘さんと交代して仮眠くらいは取って下さいね」
と女医は念を押して帰って行ったが、カテーテル抜いても差し支えがないところまで尿道内の傷がふさがらないことには、またわんこはタバスコおしっこ出して泣くことになる。
 意図的にプレイとしてやって泣かすならいい。が、治療中のケガ人にそれやるほど僕は鬼にはなれない。鬼畜じゃなくて、あくまでサディスト止まりだから……。 
 わんこはクラブの寮に戻って来てからはまったく笑っていない。
 無表情なわんこの顔は本来の美貌を際立たせてはいるものの、大口開けてゲラゲラ笑うわんこの顔の方が僕は好きだった。
 きれいなだけの人形などつまらない。
 喜怒哀楽はっきりしていてクルクルとめまぐるしく表情が変わる、そんな人懐っこいわんこだからかわいかったのだ。 
「なぜ笑わない?いつもみたいに大口開けて笑えよ…おまえが笑えないのは僕のせいなのか?僕はそばにいない方がいいのか?」
 眠っているわんこにそう問い掛けてみても仕方がないのに、起きてる時には言えない言葉がこぼれ落ちる。それと同時に不覚にも涙までこぼれ落ちてしまった。
 夜間は睡眠薬を飲んでぐっすり眠っているから、僕が何を言おうが、泣こうが、わんこが気づくことはないだろう。
 だけど、笑わないわんこと一緒にいるのがそろそろつらくなってきた。
「橘さん、レッスン終わってから施錠時間前までの間仮眠取りたいので、NAOについててもらっていいですか?」
 僕はとうとう橘さんに交代お願いしてしまった。
「ええ、いいですよ。薫先生顔色悪いし、目の下にくまも出来ちゃってますし…もっと早く交代すればよかったのに、ごめんなさい」
と申し訳なさそうに言う橘さんには非は無い。カテーテル挿入は恐怖感やら不安感やらで苦手意識を持つ人が多いのはわかっていたから、橘さんに夜間の付き添いは頼まなかったのだ。
 もしも、悪夢にうなされ暴れたわんこからカテーテルがはずれたりなんかしたら、橘さんには対処出来ないだろうし、夜間施錠中は僕も自室から医務室まで駆けつけることが出来ない。
 苦肉の策で施錠の時間までの仮眠でなんとかすることにした。
 起きている間笑わないわんこと一緒にいるよりは、眠っているわんこの付き添いをしている方がまだ気分的にはラクなような気がしたからだった。
「どうして、わんこが笑わないだけでこんなにも胸が苦しくなるんだ?」
 橘さんに交代してもらい、一人で自室で食事をとり、シャワーを浴びてから仮眠を取るために潜り込んだ布団の中で、僕はそうひとりごとをつぶやいてしまった。
 けれども、答えはみつからなかった。
 こんな想いを抱いたのは今まで一人しかいなかった。だけど、あの人とわんこを同列に置いて考えることなんかは出来なくて、僕は自分の中にあるこの感情を否定し続けていた。(続く)




2009年6月5日携帯配信開始!
小説「僕のアニキはサイボーグ」菊池乱

『どこでも読書』(ソフトバンク用入口)から飛べない方は、携帯メニューの電子書籍から「どこでも読書」→「検索」→著者を探す「菊池乱」の順で検索していただければ作品みつかります。
「僕のアニキはサイボーグ」は人の生死について菊池なりに考えてみたSF作品です。先日可決成立した改正臓器移植法は「脳死は人の死」ということを前提として来年施行に踏み切るそうです。それについて皆様はどう思われますか?
関連記事

Posted on 2009/12/30 Wed. 23:54 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。