2017/05:- 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 どうしたらいいんだろう?
 昨夜からわんこは僕と会話しようとはしない。
 食欲も無くて食後薬を飲ませる前に用意した食事もほとんど残していた。
 僕は…わんこのために何をしてやれるのだろう?
 電話室を出て医務室へ戻る間、僕は鬱々とした気分に陥っていた。
 突然、
「ぎゃーーーっ!」
というすさまじい悲鳴が聞こえてきて、あわてて医務室へ駆け込んだが、わんこの姿はベッドの上にはなかった。
 もしやと思って医務室内にあるトイレをのぞいて見たら、便器の前で尻もちついてるわんこがいた。
「イタイ、イタイ!しみるーっ!チンチンからタバスコ出たーーーっ!!」
と騒ぎながらも前屈みになって前を押さえていた。
 洋式便器をのぞいたら赤い尿が溜まっていた。見事な血尿だ。排尿時に閉じかけていた尿道内の傷が開いたのか?
 排尿時に尿に含まれる塩分などが尿道内の傷にしみて強烈な痛みと熱さを感じているのだろう。
 それにしても、これを「チンチンからタバスコ出た」と表現するとはな…言い得て妙でちょっとだけ笑ってしまった。
 わんこの方は顔面蒼白になってガタガタ震えていたが……。
「洗浄したら痛くなくなるからちょっと待ってろ!」
とわんこに言うと消毒セットと滅菌蒸留水を入れた針のついていない注射器を取りに行ってからトイレへ戻った。
「消毒するから手をどけろ」
と無理矢理わんこの手を患部からどけさせて、消毒用の綿球をピンセットでつまんでちょんちょんと外部尿道口を消毒すると、注射器で滅菌蒸留水を注入してやった。
 それを排出させてまた新たに滅菌蒸留水を入れてやり、排出させるといったことを繰り返したら、 
「もう痛くないみたい?」
とわんこが言ったので、
「ベッドに戻れ。カテーテル入れてやるから。尿道内の傷が治るまでは、排便の時以外はトイレに行くな」
と僕が言ったらなぜかわんこは赤くなった。
 ベッドに寝かせてめんどくさい消毒滅菌をやってたら、わんこのモノは勃ってしまった。
 勃起してない方がカテーテルは入れやすいんだけどなぁ…と思いながらも、単なる生理現象と捉えて僕は黙々とカテーテル挿入をしていった。
 途中、痛そうな顔はしたものの膀胱内までカテーテル挿入完了してしまったら、わんこはほっとした顔をしてたから、大丈夫だったのだろうとは思ったが、
「痛いところはないか?」
と確認したら、わんこは、
「あっちもこっちも痛い」
と答えた。
 そりゃあそうだ。あれだけの傷や火傷を負っていれば、体だって痛むに決まっている。塗り薬は塗ってあるが痛むだろう。
「どこが一番痛い?」
と訊ねたら、
「ここ…かな?」
とわんこがネグリジェの上から胸のあたりを指したから脱がせてみたら、火傷している箇所だった。
「日本では保険適用外の治療法だが、痛みの引きは早いし治りも早い方法がある。匂いがあるから好き嫌いはあるかもしれないが、どうする?試してみるか?」
「痛いのおさまるならなんでもいいからお願い!」
と僕の提案に対してわんこは即答した。
 よほど痛みが気になるのだろう。
 自分用の医療セットを持って来て、中から小瓶を取り出すと僕は適当にわんこの火傷の上に原液のまま振りかけてやった。
「なに!この匂い?」
 匂いにびっくりしたわんこはそう訊いてきた。
「ラベンダーの精油だ。日本では原液塗布は推奨してはいないが、火傷は品質の確かな真性ラベンダーの精油を塗って乾かして治療していくと治りは早いし痕も残りずらい。鎮静作用によって痛みも抑えられるしな」
と説明してやったら、
「ん~、なんとなく痛いのおさまってきたような気がする」
とわんこは言った。
「そうか…じゃあ、朝食取ってくる」
 アロマテラピー効果で気分も落ち着いてくれればいいんだが…そう思いながら、僕はわんこと自分の分の朝食を取りに配膳エレベーターへと向かった。
 昨夜のわんこはまるで悪夢でも見ているかのようにひどくうなされていた。
 たぶん、精神安定剤と睡眠導入剤が出ていなかったら眠れなかっただろう。
 拷問されたのがきっかけになってPTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病などになって欲しくはないな…と僕は思っていた。
 けれども、寮に戻ってきてからわんこの笑顔を僕はまだ一度も見ていない。
 なぜこんなにも胸が苦しいのだろう?
 いつもへらへら笑ってたやつが笑わないというだけのことが、どうしてこんなにもつらく思えるのだろう?(続く)




2009年6月5日携帯配信開始!
小説「僕のアニキはサイボーグ」菊池乱

『どこでも読書』(ソフトバンク用入口)から飛べない方は、携帯メニューの電子書籍から「どこでも読書」→「検索」→著者を探す「菊池乱」の順で検索していただければ作品みつかります。
「僕のアニキはサイボーグ」は人の生死について菊池なりに考えてみたSF作品です。先日可決成立した改正臓器移植法は「脳死は人の死」ということを前提として来年施行に踏み切るそうです。それについて皆様はどう思われますか?
関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。