2017/07:- - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 - - - - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「早紀ちゃん、今日から出勤停止ね。理由はわかるよね?」
と店の事務所で店長に言われ、早紀はがっくりとうなだれた。
 定期検査の検査表を提出した直後の出来事だった。
「はい」
と答えたものの金の心配ばかりしていた早紀は、
「淋病の治療して、完治したら診断書持って来て。それまで出勤不可だからね」
という店長の台詞は上の空で聞いていた。
 指名欲しさに誰とでもナマ本番やってしまった早紀は、客から性病を移されたのが発覚して出勤停止宣告されてしまったのだ。
 店長は早紀がNS営業やってることには気付いていたが、指名呼んで稼いでくれるなら営業スタイルに文句を言う気はなかった。
 店の売上を上げてくれるなら、個人自営業者であるソープ嬢がどんなサービスしようが店には関係ない。
 ソープランドは表向きは個室サウナや個室浴場の部屋を貸すだけという店なのだ。
 名目上は入浴補助で客の体を洗うサービスをすることになっているコンパニオンであるソープ嬢は、店に金を払って個室を借りて仕事する。
 自営業者であるソープ嬢が店から個室を借りて個人営業しているということになる。
 特殊浴場という認可で営業しているソープランドは、そういう営業の仕方で管理売春摘発から逃れている。
 ソープランドのやっていることは、実質は管理売春だし、ソープ嬢がやっていることは売春行為なのだが、暗黙の了解でもって見逃されている。
 公娼制が廃止されてから、素人女性の貞操を守り、性犯罪を出来るだけ予防するためにソープという本番まで出来る風俗を国の方も暗黙の了解でもって見逃さざるを得なかったからだ。
 ソープランドやその他の風俗店が様々な形で存在しているから、防げている性犯罪があるのも事実である。
 なんせ戦時中には「従軍慰安婦」なんてものを国家の軍が要求し、お国のために元はまるで素人の乙女たちを平気で軍人相手の拒否権ゼロな売春婦にしてしまったという歴史を持つ日本である。
 ついでに言うと、敗戦直後には日本女性の性の堤防だかなんだか知らんが、今度は特殊慰安施設協会(RAA)なんて進駐軍用の慰安婦を働かせる売春施設まで用意して、進駐軍による民間人の強姦を防ごうとしたりもした。
 敗戦前は日本側が散々「鬼畜米兵」などとケダモノのような言い様をしていたアメリカ兵たちに、たとえGHQから日本女性の売春宿の提供要求があったにしても、敗戦のわずか三日後には騙すようにしてかき集めた素人女性を慰安婦という売春婦に仕立て上げてしまったのだから、その準備の手際の良さは従軍慰安婦の時に要領を得ていたからであるとしか思えない。
 男の性欲処理の必要性というものを日本という国はよ~く知っているのだろう。
 さて、話がそれたが淋病が治るまでの間出勤停止になってしまった早紀の話に戻る。
「お金、どうしよう?」
 それしか早紀は考えられなかった。
 お金がなければクラブCyberへマコトに会いに行けない。
 もうめぼしい持ち物は質に入れてしまっているし、キャッシングも限度額いっぱいまでしてしまっている。
 支払いや借金の返済期限に間に合わせるには、淋病治る前になんらかの方法で稼いで来なければならない。
 えり好みしている余裕なんかないくせして、
「水商売はアフターや同伴がめんどうだから……」
と早紀はあっさり却下した。
 若い頃にバブルの恩恵でもっていい思いしてしまっていた早紀のバブル崩壊後の人生は下り坂どころか急転落下だった。
 新卒で就職して適当にOLしていた会社が潰れた時には、買い物やエステのローン契約以外に、クレジットカードのキャッシングの方もいっぱいいっぱいな状態になっていた。
 あわててクラブでバイトし始めたが、同伴やアフターで客に連れ回されるのにうんざりして、早紀はすぐに嫌になり水商売を辞めた。
 そして、早く借金返してさっさと足を洗うつもりでソープ嬢になった。
 出勤時間中だけ接客すればいいというところが気に入ったのである。
 アフターで客にホテルに連れ込まれたりするのに嫌気がさしていたから、やけくそで早紀は風俗の中でもそのものずばりなソープという仕事を選んだ。
 しかし、借金返した後も足を洗うことなく、店を転々としながらソープ嬢続けたのは、早紀の浪費癖が悪化していたからなのだが……。
 早紀は出勤停止を申し渡され、自宅に帰ったものの、着替えもせずに駅前でもらった広告入りティッシュを凝視していた。
 しばらく悩んでいたが、結局そこに書かれている電話番号を携帯に打ち込んで、早紀は通話ボタンを押してしまった。 (続く)

人気ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村

関連記事

<< |  BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。