1. 無料a

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

「脳死は人の死」改正臓器移植法が成立 

メッセージボードにてアメブロ批判中!(携帯ユーザー用)人気ブログランキングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ

 脳死を「人の死」とすることを前提に臓器提供の年齢制限を撤廃する改正臓器移植法(A案)が2009年7月13日午後、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。
 1997年に成立した現行法下では禁じられている15歳未満からの臓器提供に道が開かれることとなった。改正法は公布から1年後に施行される。
「脳死は人の死」改正臓器移植法が成立 読売新聞ニュースより一部引用

この結果は、臓器移植待ちしている人とその家族の立場から言うと非常にありがたいことです。

菊池もそっち側の身内の心境から言えば「改正臓器移植法」可決成立バンザイ組です。

海外で臓器移植手術を受けるには、個人で用意するには難しいような大金が必要なわけで、支援して下さる方たちの募金で集まった大きな善意を使わせていただいて海外で臓器移植手術を受けてくる子供たちもいます。

成功するとは限りませんし、手術中や術後亡くなることだってあります。

それでも、海外渡航して臓器移植手術を受けられるだけのお金を都合することが出来ずに、子供が死んでいくまで「臓器移植しか助かる方法がもうない」とわかっていてもどうしようも出来ずに国内で子供を亡くしたご両親たちよりは、子供に手術を受けさせてあげられたご両親たちの方が気持ち的にはマシなんじゃないかとは思うんです。

「やれる限りのことはせいいっぱいやれたんですから」

現行法に阻まれて子供に国内で移植手術を受けさせてあげることは叶わず、

「あの時、海外で臓器移植手術出来るだけのお金があれば、もしかしたら今頃あの子は生きていたかもしれない」

と無念な想いを抱き続けている遺族の方々はたくさんいらっしゃることと思います。

「保険適用される日本国内で臓器移植が出来たなら、海外行くよりもっと安い費用で安全に手術出来ていたかもしれないのに……」

今までそう思い続け、もどかしい思いをしてきた当事者や家族や医療関係者の方々もたくさんいるでしょうから、改正臓器移植法成立自体はそう悪くはないと思うんです。

ただし、まだ大きな課題は残ってはいます。

一年後の改正臓器移植法施行までに、「脳死」判定されても身内が臓器移植に同意しない場合の対処について明確に定めておかなければならないからです。

身内が気持の整理がつくまで「脳死」判定された体を生かしておく処置を望んだ場合は、医師も病院もそれに応じることをまず法で保障しなければなりません。

また、「脳死」判定されても体の延命処置を続行するのにかかる費用は、現行法で国民健康保険が適用される部分に関しては引き続き保険適用される医療行為と認めなければなりません。

法律で「脳死」=人の死とするからには、施行後起きる可能性のあるトラブルを未然に防ぐために、そういった事柄は事前に保障しておかなければならないでしょう。

脳死判定されもう意識を取り戻すことがないことを宣告されても、病院で処置してもらえれば心臓が動いている温かい体は維持することが出来るんです。

臓器提供を拒否した家族が脳死判定された脳死者の体を生かしておくことを望んだ場合は、現行法でまかり通ってきた範囲内で国はその権利保障をしなければならないと菊池は思っております。

臓器提供せずに、

「(奇跡を夢見て)生き返るかもしれないからまだ体は生かしておきたい」

「気持ちの整理がつくまででいいから、もう少しだけ温かい手や顔に触れていたい」

と望む家族の方々の意思、気持も尊重すべきだと思うからです。

脳死判定されてもそのままの状態で何年も家族は生きられる限り体を生かしておいて欲しいと望み、二度と目覚めることのない体を維持するために入院費用やらその他必要な諸経費…はっきり言って家計の大きな負担となるような金額支払い続けている人たちは、今現在既に存在しています。

その人たちの今後の問題もあるため、臓器提供を拒否して脳死判定された脳死者の体を生かすことを望む側の権利の保障をしていくことも大事です。

「脳死=人の死=生きた戸籍がなくなる」

にいきなり法で変わってしまってはいけないと思うんですよ。

戸籍上死んだ人間に国民健康保険の適用なんてしませんよね?

でも、脳死判定された脳死者の体を生かしておくためには、医療行為やら入院やらいろいろと国民健康保険適用されないと莫大な金額がかかるようなことが必要なんです。

今まで体を生かしてこれた脳死者もこれから体を生かしておきたい脳死者も、もしも保険適用外になって全額実費請求となったとしたら…どれだけの家族がそれを支払い続けることが出来るのでしょうね?

経済的理由から脳死判定された脳死者の体を生かし続けることを泣く泣く断念する家族も出てくるかもしれません。

可決成立したからには、「改正臓器移植法」で定めるところの人の死の定義については、脳死判定後の脳死者の戸籍や国民健康保険の取扱い関連も含めて今後十分に論議して、脳死判定後の脳死者とその家族の権利を守れるように法で明確にしておいていただきたいものです。

じゃないと、

「人殺し~~~!」

って国会議事堂に向かって叫んじゃうよ叫び

☆人気ブログランキング携帯投票☆

2009年6月5日携帯配信開始!
小説「僕のアニキはサイボーグ」菊池乱

『どこでも読書』(ソフトバンク用入口)で飛べない方は、携帯メニューの電子書籍から「どこでも読書」→「検索」→著者を探す「菊池乱」の順で検索していただければ作品みつかるはずです(^^;
実は「僕のアニキはサイボーグ」では人の死の定義について触れています。読者の皆様にそういう部分について考えていただきたかったので。
関連記事

Posted on 2009/07/13 Mon. 23:23 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。