1. 無料a

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

オッパイをとったカレシ。 

「FtM‐GIDって?」という人におすすめの一冊です。
オッパイをとったカレシ。
オッパイをとったカレシ。
   ↑
パソコンからの方は電子書籍で読めます。

本で読みたい方はデザートコミックから単行本も出ていますので探してみて下さい。


【おしらせ】
携帯小説サイトは深夜更新予定。
アメブロの方もどうぞ~♪
ぽちっと押していただけると書く励みになります♪
☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村 長編小説
スポンサーサイト

Posted on 2008/10/22 Wed. 22:25 [edit]

内緒の画像  /  TB: --  /  CM: --

医者の派閥は患者には大迷惑! 

患者には実にはた迷惑な派閥の話です。

大学病院の派閥ってやつです。

大学病院内での派閥は内部だけのお話ではなく、開業したOBたちにも影響与えているという点です。

菊池の友人がうつ病で都内のメンタルクリニックに通院しているのですが、どうにも過眠というか睡眠状態が異常なので、脳波をとってみましょうというお話になりました。

それからが妙な話になっちゃいましてね。

友人の主治医の出身大学のOBで知ってる人がいる病院じゃないと脳波とりに行く脳外科への紹介状書けないと言うんで、なんと、

「札幌の病院行く?」

というお話になってしまったのですよ!

友人も北海道出身ですが札幌は地元じゃないんです。

ありえな~い!!

東京にはいっぱい病院あるじゃないですか!?

常識的に考えられない友人の主治医のお薦めです(汗)

でね、なんでそんなへんてこなことになったかというと、派閥やら人間関係という主治医の個人的理由のせいだったんですよ。

その話を聞いて、

「そのメンタルクリニック転院しなさい!」

と菊池は友人に言いたくなりました。

しかし、友人は今の主治医でいいけど脳波どこにとりに行ったらいいんだろう?状態。

結局、その話を菊池が友人から聞いたのは去年の夏だっていうのにまだ脳波の検査しに行ってません(>_<)

患者には医者の派閥だの個人的な交友だのは関係ありません。

そういうの大迷惑です!

勘弁して下さい(T_T)


☆人気ブログランキングへ投票☆(PC用)
☆人気ブログランキング携帯版☆人文→(全般・その他)へと移動して下さい。
にほんブログ村 医療・医者
にほんブログ村 政治・社会問題
にほんブログ村 性同一性障害
  ↑
もしかしたら、みんなのクリックでなにかを変えられるかも?
変わるかどうかはわかんないけど、なんかやってみなくちゃ始まらないっしょ?

Posted on 2008/10/22 Wed. 19:08 [edit]

医療・介護いろいろ  /  TB: 0  /  CM: --

ジェネリック医薬品を使わない理由、「医者に薦められないため」が65% 

ジェネリック医薬品を使わない理由、「医者に薦められないため」が65%(注)msnのページなのでPCからの閲覧推奨。

携帯から見ている人たちにも是非読んで欲しい内容なので、今回は記事全文を引用させていただきます。


「ジェネリック医薬品を使わない理由、「医者に薦められないため」が65%」

 特許期間の切れた新薬と同じ成分、同じ効果でありながら低価格で提供できるジェネリック医薬品。2008年4月から医者が記入する処方せんの様式が変更され、ジェネリック医薬品の利用促進が図られているが、実際に使ったことがある人はどれだけいるのだろうか。

 アイシェアの調査によると、医者から薬を処方されたことのある人でジェネリック医薬品を使った経験がある人はわずか23.9%に過ぎなかった。

 ジェネリック医薬品を使用した経験がある人は、どのような理由から使うことにしたのだろうか。使用経験のある人に尋ねると、「価格が安いため」が52.2%と最も多かった。以下、「医者に処方されたため」(42.2%)、「効能に差がないため」(23.3%)が続いた。男性では「価格が安いため」が1位だったが、女性では「医者に処方されたため」が1位だった。

 価格が安いにも関わらず、半分以上の人がジェネリック医薬品を使っていないのはなぜなのだろうか。使用経験のない人に理由を尋ねると、「医者に薦められないため」が65.0%でトップ。以下、「ジェネリック医薬品を知らなかったため」(12.9%)、「効能面で不安なため」(5.9%)が続いた。ジェネリック医薬品の使用には、薬を処方する医者の意思が大きく関わってくるようだ。

 携帯電話による調査で、調査対象は男女376人(男性51.1%、女性48.9%)。調査期間は、9月22日から28日。


以上がリンク貼った記事本文です。


このブログ見ている皆様、「ジェネリック医薬品」ご存じでしたか?

菊池は、以前テレビで広告流れしたのを偶然見て知りました。

通院している病院の廊下の壁にジェネリック医薬品のご案内ポスターかなんかが貼ってあったのも見た記憶があります。

まだ前主治医(移動でいなくなりました)がその病院にいた時期なので、少なく見積もっても一年半以上前、おそらく2006年か2007年であったかと思われます。

2007年の処方で、

「同じ効き目のある薬なんだけど、こっちの方が安いから替えましょう」

と前主治医に言われてその時一時的に使用していた下剤と睡眠薬を変更したことがあったのですが、そういえば「ジェネリック医薬品」という言葉を用いての説明はありませんでした。

菊池の方は知ってたから、

「もしかしてジェネリック医薬品に変えたのかな?」

とは思いましたが、まあ効能同じで安いなら安い方がいいに決まっていますから、医師に薦められたらNOとは言わなかったのですが、今思えば、

「それってジェネリック医薬品ですか?」

と質問して確認しておけばよかったなとは思いました。

病院内にジェネリック医薬品のおしらせ貼ってあっても、それを必ず患者が見ているとは限りませんし、

「ジェネリック医薬品であることは医師が最初の処方の際に説明すべきなのでは?」

と疑問に思ったからです。

安い方のお薬薦めてくれたのはありがたかったけど、ちょっと先生説明不足だったかな?

ジェネリック医薬品を知らない人には、ジェネリック医薬品と知らぬままに処方されることになるんですよね。

それじゃあ、実際には使用されていたとしても「ジェネリック医薬品」であることを患者は知ることないんで、「ジェネリック医薬品」の認知度は上がらないのでは?

使用している患者が「ジェネリック医薬品」という言葉を知らないから。

「本当にジェネリック医薬品が使われていないのか?」

「それとも、ジェネリック医薬品を使っていても主治医の説明不足で患者が知らないだけなのか?」

実態は病院や主治医にジェネリック医薬品を処方しているかを確認してみないとわかりませんが、これ読んで、

「あ、言い忘れてたことあったな」

と思い当たる節があるお医者様がいらっしゃいましたら、処方している薬の中でジェネリック医薬品と代替出来るものがあれば、患者さんに、

「ジェネリック薬品という効き目は同じでも安いお薬もありますが、どうしますか?」

と是非訊いてあげて下さい。

薦めるよりも患者に選択させる形で決めて下さい。

いろいろおありでしょうから(笑)


それから、患者さんの方も、

「先生、今の処方にはジェネリック医薬品はありますか?」

とジェネリック医薬品使ってみたい人は確認してみた方がいいと思うんですよ。

既に処方されているかもしれないし、これから処方してもらえるかもしれない。

「ジェネリック医薬品」という言葉を知っているなら質問してみればいいんですよ。

身銭を切ってるのは患者の方なんですから。


☆人気ブログランキングへ投票☆(PC用)
☆人気ブログランキング携帯版☆人文→(全般・その他)へと移動して下さい。
にほんブログ村 医療・医者
にほんブログ村 政治・社会問題
にほんブログ村 性同一性障害
  ↑
もしかしたら、みんなのクリックでなにかを変えられるかも?
変わるかどうかはわかんないけど、なんかやってみなくちゃ始まらないっしょ?

Posted on 2008/10/22 Wed. 17:40 [edit]

医療・介護いろいろ  /  TB: 0  /  CM: --

どこまでもおまえと一緒に(後編)~レンタルドール外伝~ 

「喉乾いた」
とわんこがおねだりの時の目つきで言ったから、最近わんこがはまっているミントティーを淹れてやった。
 大きめのティーポットから揃いのティーカップにではなく、わんこのお気に入りのディズニーキャラクターのマグカップに八分目まで注いでやると、
「あつっ!」
とすぐにマグカップを手にして口をつけたわんこはあわててカップをテーブルに置いた。
 猫舌のくせしてカップにすぐに口をつけてしまうところは学習能力無さ過ぎる。
「ちゃんと冷ましてから飲みなさい」
「らって~」
と不服そうな顔して言ったそれは舌を冷まそうとまるで犬のようにべろんと出されているから発音が変。
 それでも、そんなとこまでかわいく思えるようになってしまったなんて、僕の頭もそうとうおめでたくなっている。
 僕好みの男は、黒髪でオールバックが似合う人だったはずなのに……わんこのさらさらの前髪の毛先が揺れるのをなんとなく目が追ってしまう。
 茶髪嫌いだったのに、色白で目の色も茶色い全体的に色素が薄い感じのわんこの天然茶髪はかわいらしく見えるから不思議だ。
「薫先生が子宮と卵巣取らなかったのはなんでなの?」
 うっかり見とれていたら、いきなりわんこが本題口にしてちょっと焦った。
 内心はぐらかしてしまおうかと思ったりもしていた。
 本当の理由全部話してしまったら、僕は……
「ねぇ、訊いたら教えてくれるってさっき言ったでしょ?なんで薫先生黙ってるの?」
とわんこが不審そうにそう言うのを聞いて、適当に嘘つけばよかったのに考え込んでしまった僕はしばらく黙りこんでしまったことを後悔した。
「別に……おまえのおバカな頭にもわかるようにどう説明しようか考えていたところだ」
「ひど~い!」
とわんこは抗議してきたけど、
「おまえ、マラウイって国知ってるか?」
と素知らぬ顔して訊ねてみた。
「え?なに?どこにある国?」
 予想通りの反応に苦笑しながら、
「アフリカだ。タンザニア、モザンビーク、ノーザンビーク、ザンビアに囲まれた北海道と九州合わせたくらいの領土の小さな国。そして、世界の最貧国の一つだ」
と僕は簡単に説明してやった。
「タンザニアやモザンビークはわかるけど、マラウイは知らない」
とわんこは小声でつぶやいた。
 社会か地理の授業で習っているはずなのに、
「忘れてた」
じゃなくて、
「知らない」
という言葉が出てしまうほど日本では知名度の低い国。
 貧しいだけではなくHIVが蔓延しておりエイズで亡くなる人が多いため、国民の平均寿命が40才に満たないなんて状態の国。
「そこへ僕は昔行って来た。海外協力隊で」
「え!?」
 わんこの驚きの理由はわからないけど、僕はさっさと本題に入って、りこの話しを終わらせてしまうことにした。
「現地で知り合った日本人男性の一人が実は性同一性障害…MtF‐GIDの方でびっくりしたんだ。だけど、彼女は正規ルートでの治療無しで、海外協力隊の応募後からホルモン剤の摂取を始めて向こうで女性化していった」
 そこまで一気に話してしまった僕は一呼吸置いて、
「だけど、体調崩してリタイアして帰国したんだ。なんでかわかるか?」
とわんこに訊ねてみた。
「わかんない」
と言うわんこに、
「流通経路の問題でホルモン剤を途中入手出来なくなったことがあったからだ。女性ホルモンが手に入らなくなった時には既に女性ホルモンと男性ホルモンを製造分泌する睾丸が正常に機能しない段階まで男性機能が破壊された状態になっていた。見た目は女らしくなっても、体内のホルモン不足で自分の心身の健康状態すら保つことが出来ないトランスジェンダーであるMtF‐GIDの場合、一生ホルモン摂取し続ける必要性がある。だから、トランスしても僕が卵巣と子宮取ってしまわなかったのは、世界中どこにいてもなにが起きても生きていけるようにするためだ」
と話してやると、
「薫先生、男性ホルモンの注射しに病院通ってるのに卵巣と子宮って……」
とわんこは言いかけて口を濁した。
 わんこの言いたいことはわからないでもない。
「FtM‐GIDの場合は、男性ホルモン摂取している間は身体は男性化していくし、排卵ストップして卵巣機能も低下し子宮内膜も委縮する。そういうわけで僕の身体には子宮と卵巣はあるが生理は止まっている。ただし、MtF-GIDと異なるのは、ホルモンを製造分泌してくれる卵巣機能が壊滅状態というわけじゃなくて低下に留まっているし、男性ホルモンのテストステロンは副腎から分泌されている。だから、万が一僕が注射で補っている男性ホルモンのアンドロゲンを摂取出来ない状況下に置かれても心身ダメージはMtF‐GIDよりは少ないはずだ。この姿で生理がまたくるかと思ったらかなりブルーになるけどさ、ブルーデイだから仕方がないさ」
と僕はわんこが気にしていたであろうことを説明すると軽く肩をすくめてみせた。
 すると、
「薫先生に生理……」
とわんこは絶句した。
 元は性染色体XXの健康な女の身体に生まれたFtM‐GIDの僕は、男性ホルモンの定期摂取と鼻の整形、縮胸手術、それと外性器を男性形に形成する手術をして、見た目は男になっているFtM‐GIDトランスジェンダー。
 しかも、わんこと出会った時にはもう今のこの男の姿だったから、僕に生理がある方がショッキングな出来事のように感じたのかもしれない。
 本来、子宮や卵巣があたりまえにある女の身体がベースになっていると認識していても、やはり見た目に惑わされるのだろう。
 それでも、25の年まで我慢して女として生きてきた僕には、ホルモン剤の摂取始めて身体が変化していくまでの間は毎月生理があった。
 あの出血にどれだけ苦しめられたことか……生理痛とかそういったものより精神的苦痛の方が上回っていた。
 男の僕には生理なんてありえないものなのにと思いながらも、遅れたら遅れたで別の理由で不安になったりもしていた。
 本当はあの問題に直面するまでは、性別適合手術で子宮も卵巣も卵管も全部まとめて内性器の摘出をしてもらう気でいた。
 だけど、それじゃホルモン入手出来ない事態が発生した時死ぬ目に遭うとわかったから予定変更した。
 男性の身体にも女性ホルモンは必要で、それは睾丸で製造分泌されている。
 睾丸を持たない僕の身体から卵巣を摘出すると女性ホルモンも欠乏するわけで、男性ホルモンと女性ホルモンのバランス調整しながらおこなうホルモン投与が途切れたら、女性の更年期障害よりひどい状態に陥る可能性があるのだ。
 戦争や災害が起きれば外国じゃなくても日本にいたってホルモン入手出来なくなる可能性はおおいにある。
 病院も海外輸入のネット通販も当てに出来なくなるだろう。
 すぐに死ぬことはなくても、ホルモン不足のせいで更年期障害のとんでもなく心身ともに不調な日々を送ることになる。
 うつ状態に陥れば自殺という可能性もなきにしもあらず。
 悩みに悩んだ僕は、結局どこにいたってどんな状況下でも絶不調に陥ることなく生きていける状態でいることを選んだ。
 とりあえずおっぱい取って、外性器形成して男子トイレでタチション出来れば良しとしようと思うことにした。
 万が一の時の経血の出口としての穴は閉じるわけにはいかなかったけど、尿道経路を変更して元の尿道口を閉じる手術自体は僕が考えていた通り、性転換大国タイの医師にはそうめんどうなオーダーではなかった。
 こっちはオーダー通りにしてもらうために必死でタイ語覚えてから手術のためにタイまで渡航したわけだけど……。
「薫先生は今の状態で満足なの?」
 長い沈黙の後、わんこの一声で我に返った。
「満足はしていないけど、とりあえず生きてはいける程度には納得している。男に生まれ直してこなけりゃ完璧に僕の希望通りの身体は手に入らないんだから仕方がない」
と答えたら、 
「オレの身体あげられたらいいのに……」
とわんこは大きな瞳を潤ませながらそう言って抱きついてきた。
 今腕の中にあるこの身体は確かにうらやましくは思う。
 多少難有りだけど、健康な…しかも若い男の身体。
 だけど、今はこの身体を欲しいと思う動機は違う。
「ば~か、ドール上がりのピンクのチンコなんかいらね~よ」
と僕はわざと乱暴な言葉で却下した。
「ひど~い!」
と言うわんこの顔を両手で挟み込むとそのまま僕はその唇にくちづけた。
 そして、素直に「気持ちだけでもうれしいよ」とか「ありがとう」とか言えない不器用な大人の僕は、そのままわんこを押し倒した。
『どこまでもおまえと一緒に生きたいから、今の状態もそう悪くはないさ』
 心の中でつぶやいた言葉は本人にはまだ言わないつもりでいる僕はずるいおとな。
 しかも、わんこの涙に濡れた瞳を見て違う方向性で泣かせてやりたくなっている僕はサディストという名の変態だ。
 今夜は愛しのわんこを思う存分鳴かせてやろうと思っている。
「わんこから彼氏に昇格してやろうか?」
という喉元まで出てきかけていた言葉は飲み込んだ。
 いい子にしてたらご褒美ということにしよう。(Fin)


【おしらせ】
携帯小説サイトはきまぐれ更新。
アメブロの方もどうぞ~♪
ぽちっと押していただけると書く励みになります♪(どちらも25位内入り感謝!)
☆人気ブログランキング☆
にほんブログ村 長編小説

作者のひとりごと「薫先生×わんこのプレイシーンをトロトロ書いてる最中です。R18指定でUP予定しています☆」

Posted on 2008/10/22 Wed. 00:44 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。