fc2ブログ

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!
 

【緊急】7月31日終了!締切まで時間がない!!

ブログネタ:暑い! とにかく文句が言いたい! 参加中本文はここから人権擁護法案反対Web署名の締切が7月末ということになりました!2008年3月18日の第一便内閣府福田総理へのWeb署名36410筆提出に続いて、第二便を代表者の方が8月末に提出予定しているためです。まだ署名していないけど気になっていたという方は、人権擁護法案関連の記事を検索してみてからご署名ご検討下さい。パソコンから閲覧している方は私の過去...
Comment-open▼ * Trackback : (0) *

レンタルドールKEI 42

 一人部屋に残された僕は、逃げだしたくなっていた。 水揚げもその後も続く夜のお勤めは、ドールとしてここまで来てしまった以上は嫌でも仕事だから仕方が無い。腹をくくるしかない。 自分で選んだことだし……。 でも、あれだけはっきり見える幽霊付きの家に二週間もいなければならないなんて耐えられない。 怪談話も肝試しも苦手な臆病な僕には皮肉なことに幽霊が見えてしまう。 どんな幽霊でも見えるわけではなく、僕の場合...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 41

 恐怖の祝言が終わると僕と橘さんだけ別室へ案内された。「まだ初夜のお床入りには早いのですが、花嫁衣装は脱いでしまいましょう。帯がきつくて苦しかったのでしょう?額際に冷汗まで浮かべて……」と橘さんは言った。「…はい」としか僕は答えられなかった。 夕暮れ時におこなわれた祝言の最中に死者を見てしまったなんて言ったら、頭がおかしくなったとでも思われかねない。 僕だって幽霊なんてそう滅多に見ないのだけど、今日...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 40

 目隠しをはずされた後、店長に手を取られ手助けされながら車から降りた僕が目にしたのは、古い日本家屋だった。 田舎の旧家にありがちな大きくて立派な古いお屋敷とは対照的に、庭が荒れているのが気になったけど……。 たいていこういう家の人は庭にも手間ひまかけているわけで、白いしゃくなげの花があんな背の高い雑草に囲まれているのが妙に気になった。 とりあえず、客室に一度案内された僕は橘さんに着物の着付けと化粧を...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 39

 水揚げ当日、僕はおしろいで白塗りされて紅をさされてから絹の長襦袢の上から黒い振袖を着せられた。 頭に被せられたのは文金高島田のかつら。白いつの隠し付き。 お客様のご要望でこのような花嫁衣装を着ることになってしまった。「戦前のご令嬢のお輿入れは、白い花嫁衣装ではなくてこのような黒紋付振袖の松竹梅の三つ重ねの豪華なものだったそうです。新郎の家で祝言を挙げることになりますが、店長と私は花嫁の親代わりと...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 38

 僕の水揚げが決まってから、何時間もかけて橘さんは器用な手付きで僕の髪に長い黒髪のエクステンションを一房ずつ付けていった。橘さんは、エステティシャンと美容師の資格両方持っているそうだ。 腰まで届く長い黒髪。 髪の長さが変わるだけでこんなに印象が変わるものなのだろうか? 鏡の中の僕は「気位の高いお嬢様」っぽくなっていた。「長いのもよくお似合いですよ」と橘さんはにっこり笑ってそう言ってくれたけど、見慣...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 37

 珍しく店長がクラブの寮へやって来た日、「水揚げが決まりましたよ。水揚げ料はクラブ開業以来の最高値です。しかも二週間のレンタル予約で」と僕は店長から告げられた。 ギュッと強く握りしめた僕の手の中で爪が食い込んでいた。 急速に気分が沈んでいくのを感じた。 高値で自分を売るためにこのクラブに入ったのに、水揚げで高値がついてもうれしくない。 僕は見知らぬ男に抱かれることが悲しくて悲しくてたまらなかった。...
Comment-open▼ *

空を飛べるのと、海にずっと潜っていられるのどっちがいい?

ブログネタ:空を飛べるのと、海にずっと潜っていられるのどっちがいい? 参加中菊池は、海にずっと潜っていられる方がいいです。空飛ぶ方は、ギリシア神話のイカロスが思い浮かんでしまって、「絶対落ちる!」とか思っちゃうんですよね(^-^;海にずっと潜っていられる方ならアワビやらウニやら採り放題だからいいかな~?あ、でも、密漁になっちゃうから、漁業権取らないと!あれれ?菊池、海女になっちゃう?う~む、微妙だ~。で...
Comment-open▼ * Trackback : (0) *

レンタルドールKEI 36

「わかりません」 僕は、薫先生の質問にそう答えた。 慎太郎さんのことは好き。 でも、これは恋なの? 僕にはわからなかった。 小説の中の恋は知っている。 嫌なことがあると本の中の世界に逃げ込んでいた僕は、自他共に認める読書家で、有名な文学作品なら読んでいない本はたぶん無い。 映画化されたりもした流行りの小説も読んだ。 恋愛小説は好きなジャンルだった。 なのに、今の僕のこの気持ちは恋なのかはわからなか...
Comment-open▼ *