2007/03:- - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 31
<<  2007年03月の記事  >>
  • --日(--:--)『スポンサーサイト』
  • 31日(12:52)『おかしな二人 59』
    あたしは、1月の給料日後にでも辞表を出そうかと考え始めていた。実は、浅井くんの東京行きの話聞いた後にすぐ、グループ内の東京のホテルへ移動願い出していたのだけれども、一向に辞令がおりなかった。「東京の方で欠員が出たら…」と支配人には言われていたけれども、なかなかいいお話はやってこなかった。半年待ったけど、いつまで待たなければならないのかわからない状態でいるよりも転職考えた方がいいような気がしてきた。あ...
  • 30日(13:02)『おかしな二人 58』
    クリスマスに飛んでみても、ほとんど顔を合わすことなく終わった。それでも、顔見れたしちょっとだけでも話せたからまだいいかな。お部屋チェックしてみても浅井くんの赤い髪の毛しか落ちてなかったし、あやしいものはみあたらなくてほっとした。本当に忙しいみたいで掃除するひまもなさげだったから掃除した。冷凍庫の中身も空になっていたから、あれこれ作って食料補充しておいた。冷蔵庫の中にはチョコパイどっさり詰めこんだ。...
  • 29日(00:00)『おかしな二人 57』
    12月のボーナスは出たけど、あたしは浮かない気分でいた。浅井くんたちのユニットのデビューシングルはヒットしなかった。いきなり大ヒットするなんてことは思ってはいなかったけど…。もう次の曲作っているっていうけど、どんなことになるかはわからない。次々CD出させてもらえるうちに大当たりとまでは言わなくても、小当たりくらいは出さないと先行きは暗くなっていく。浅井くんは全然落ちこんではいないようなこと言っていたけ...
  • 28日(10:45)『おかしな二人 56』
    札幌まで帰ったら地下鉄終了していて、タクシーに乗ってウチへ帰った。さすがに移動疲れした。ウチに帰ったら着替えて目覚ましのセットだけしてすぐに寝た。次の日の朝、目覚ましがずいぶんと鳴っていたような気はしたけど、なかなか起きられなかった。身体がずっしりと重かったけれどもなんとか起きてお風呂に入った。遠距離恋愛してる人たちってすごいね。あたしは、身体もたないかも…。早くあたしのチャンスの神様やって来てく...
  • 27日(09:31)『おかしな二人 55』
    墓穴掘った。時間ないのに誘うようなことをしてしまった。でも、別にどこかに出かけたりしたかったわけじゃないから、一緒にいられるならそれはそれでかまわなかったのだけど…。結局、あまり話はできなかった。最近はメールばかりだとものたりなくなっていた。やっぱり、声が聞きたかった。電話料金気にして電話はセーブしていたものの、あたしの方もけっこう限界かも…。とうとう会いに来ちゃったから、帰ってからがよけいつらくな...
  • 26日(11:05)『おかしな二人 54』
    浅井くんはまた朝方になって帰ってきたらすぐ眠ってしまった。起きたらすぐ食べられるようにご飯支度しておいたけど、昨日みたいにちょっと仮眠とったらまた出かけちゃうのかな?ちょっと、さびしいな。あたしは、明日は仕事だから今夜の最終便で札幌に帰る。「東京まで来てもろくに話もできなかったね」浅井くんの寝顔見ながら、あたしはため息ついた。...
  • 25日(10:10)『おかしな二人 53』
    あたしは、スーパーと百均とコンビニ以外に出かけることはなかった。浅井くんはなんだか忙しそうで、朝方帰ってきたかと思ったらすぐに寝てしまった。起きたらすぐ食べられるようにご飯は作っておいたけど、3時間くらい眠ったかと思ったら携帯のアラームでぱっと起きて浅井くんは出かける支度をしだした。「ご飯食べる時間ある?」「ないかも…でも、食べたい」おにぎり握ってアルミホイルにくるんで、作っておいたおかずも別にして...
  • 25日(09:54)『おかしな二人 52』
    浅井くんが出かけて行った後、お部屋チェックをした。きな臭いものは何も出てこなかった。長いこと浮気性な男と付き合っていたから、あたしは疑り深くなっている。男は浮気するもんだと思っている。そばにいても浮気するヤツがいるのに、ましてや遠く離れていれば浮気しないわけがないとか思っていた。とりあえず部屋には女が出入りしている形跡はなかったけれども、もしかすると相手の女の部屋とかに行っているかもしれない。疑い...
  • 24日(10:43)『おかしな二人 51』
    ボディーチェックの結果、浅井くんは最後に会った日より痩せていた。ご飯は食べてるって言うんだけど…。夏バテで痩せちゃったのかな~?東京の夏の暑さには道産子はやられるかもしれない。9月初旬の今も残暑で外はまだ暑かった。部屋にクーラーついてるから、冷え性のあたしにはちょっとこの部屋寒いんだけど…。あたしも浅井くんに点検されたけど、合格点だった。規準がイマイチわからない。あたし、一番痩せてた頃よりも太ったの...
  • 24日(10:37)『おかしな二人 50』
    浅井くんの部屋は狭かったけど、想像していたよりはキレイだった。マンションだったし、駅からこの距離だと家賃けっこうするんじゃないのだろうか?事務所が借りてくれている部屋だとか言うけど…。それに部屋そのものがキレイという以外にもちゃんと片付いているし掃除もしてある。とっさに床に長い髪の毛が落ちてやしないかとチェック入れてしまうのは、あたしの悪いクセ。長い髪の毛なんか見当らなかったけど、あたしは言ってし...
  • 23日(15:23)『おかしな二人 49』
    浅井くんからのメールの文章が変わった。『市子さんの卵焼き食べたい。オレ、飢え死にしそう』これだけ送信してきた。どうしよう?悩んだ挙句、『食べさせてあげるから、ちょっと待ってて』とあたしは返信してしまった。ウチの可愛いわんこが飢え死にしそうと言うのに行かないわけにはいかない。二連休取れたら連絡入れて、休みの前日早番で仕事上がったら駅のコインロッカーに預けてあった荷物を持って、まっすぐ新千歳空港へ向い...
  • 23日(00:18)『おかしな二人 48』
    東京行くまでいろいろ準備もあるはずなのに、最近の浅井くんは毎日ウチにやってくる。「市子さん、一緒に東京行こう」布団の中で耳元で囁かれてもあたしは「うん」とは言わなかった。あたしにはあたしの都合というものがあるのだ。急に言われても行けない。ガキじゃないからあとさき考えずには動けない。この年になってあとさき考えずに動いてしまったのは、浅井くん拾ってしまった日くらいだ。...
  • 22日(15:43)『おかしな二人 47』
    「市子さん、一緒に東京行こう!」浅井くんに突然そう言われてびっくりした。何を血迷ったのだろう?いきなり東京行こうだなんて…。「契約決まった。メジャーデビューする」「え!?」うそ…いつの間にそんな話になっているの?あたし、何も聞いてないよ。...
  • 22日(00:53)『おかしな二人 46』
    25日、電話してみたら電源OFFになっていたけど、とりあえず浅井くんの携帯は復活していた。メール打っておいた。『ちゃんとご飯食べてる?最近、定期点検さぼってるんじゃない?』素直に『会いに来て』とは打てなかった。かわいくないな、あたし。でも、あたしは男にどうやって甘えたらいいのかわからない。甘やかすことはできても甘えることなどできない。こんな不器用なあたしのことを人は器用だと言う。あたしのどこがどう器用...
  • 22日(00:46)『おかしな二人 45』
    あたしも浅井くんも必用最低限しかメールも電話もしない。だから、気がつかなかったのだけれどもいつのまにか浅井くんの携帯はまた止まっていた。仕事忙しかったしお金もなかったから飲みにも行かず、あたしはまっすぐウチに帰っていた。最近ウチにもあまり来ないから、気になって電話してみたら浅井くんの携帯止まっていることに気がついた。バイト先のコンビニまで行ってしまったけれどもいなかった。休みなのかな?その日はあま...
  • 21日(14:28)『おかしな二人 44』
    雪は融けたけど4月の札幌はまだ肌寒い。それなのに、最近、酔っ払ってすすきのにあるデパートの軒下で眠っている浅井くんをみつけて拾って帰ることが多い。必ず、あたしが『今日は飲みに出かけるからウチに来ないで』とメールした日。友達に付き合い悪いと言われていたから、最近ちょくちょく飲みに出かけている。職場の付き合いもある。たいていは安い居酒屋か飲み放題のお店に行ってからカラオケに行く。...
  • 21日(00:33)『おかしな二人 43』
    祐子に誘われて早番上がりの日にすすきの駅で待ち合わせてカラオケ行った。何曲か歌ったら、「市子、あんた男できたでしょ?」祐子にいきなり言われてドキリとした。「なんで?」訊き返してみたら、「あんたは気がついてないかもしれないけど、男いる時といない時とでは選曲違うのよ」と言われた。...
  • 20日(22:12)『おかしな二人 42』
    「師匠、ひさしぶり~」と楽屋で何人かに声をかけられた。単独ライブなんかやったら会場費やらなんやらで費用かかり過ぎるから、友達のとこのバンドと3組で今回はライブやることになっていた。知り合いに声かけられたら、「ひさしぶり」とあたしも言ったけど、「なんで師匠いるの?」とかひそひそ話しされてるのは感じ悪い。「あたし、そろそろ向こうに行くね」と浅井くんに言ったら、「市子さんは、ここにいて」と言われて舞台そ...
  • 20日(12:00)『おかしな二人 41』
    ライブ当日、メイク道具一式持って早めに楽屋入りした。衣装は黒ずくめだったから、口紅は口元が引き立つようにちょっとだけ暗めの赤にした。あいかわらず浅井くんはもの凄く化粧映えして、元の顔からは想像もつかないほどきれいになった。爪は伸ばせないから、浅井くんの短い爪に昨夜のうちに黒に近い色合いのネイビーブルーのマニキュア塗ってラインストーンをつけておいた。もうちょい長さがあればいろいろできるのだけど、爪が...
  • 20日(01:07)『おかしな二人 40』
    先輩に休みの交代お願いしてみたらOKだった。今の職場に入ってからは、シフト代わってあげることはあってもあたしは一回友達の結婚式で日曜日の休み申請した以外は、自分の休みの希望出してなかったから、ちょっと珍しがられて理由を訊かれたけど、「急に地方から友達が来ることになったので、ひさしぶりに会いたいので」とうそをついた。彼氏のライブがあるのでメイクしに行かなくてはならないからなんて言えない。職場では内緒に...
  • 19日(16:03)『おかしな二人 39』
    仕事帰りにスーパーで買い物してウチに帰ったら、今日は浅井くんは来ていなかった。ちょっとがっかりしながらも、適当に晩ご飯作って食べたし、明日のお弁当用のお米もといだ。最近の浅井くんはランダムにやって来るようになったから油断できなかった。「メールか電話してから来れば?」とあたしが言っても、「それじゃ抜き打ちチェックにならないじゃん」と浅井くんは言う。それならずっとここにいて見張っていればいいじゃない…...
  • 19日(00:00)『おかしな二人 38』
    ウチに帰ったら電気が点いていてドキリとした。ドアを開けたら、「市子さん、おかえり~」と言う浅井くんがいた。「ただいま」と言ったものの、「なんでいるの?」と言ってしまった。「定期点検に来ることにしたから」浅井くんは時々わけのわかんないことを言う。それにしてもなんで部屋にいるのだろう?あ!あたし、浅井くんに部屋の合鍵渡したままだった。今頃になって自分のまぬけ振りに気がついた。...
  • 18日(16:32)『おかしな二人 37』
    目が覚めたら、浅井くんはいなかった。バイトへ行ったか、武田くんのウチへ帰るかしたのだろう。今日のあたしの出勤シフトは遅番出勤で時間に余裕があったからゆっくり朝風呂入ろうと思った。テーブルの上にメモ紙が置かれているのに気がついて見た。『市子さん、お酒ばかり飲んでたらダメだよ~!』それを見て慌ててあたしはバスルームを開けてみた。お酒の瓶が入っていたゴミ袋とお酒の缶の入っていたゴミ袋二つとも無くなってい...
  • 18日(00:04)『おかしな二人 36』
    浅井くんがウチに来たら、「武田くんのとこ行ったんじゃなかったの?」あたしは食ってかかるような口調で問いかけた。「今、武田んちいるよ」浅井くんはけろっとした顔してそう言った。「それなら、なんであのコンビニにいるのよ?」「言ってなかったっけ?武田んちここから近いんだ。市子さんのとことは反対方向だけど…」「なんで近所にいるのに会いに来ないのよ!」あたしは浅井くんを殴った。右ストレート顔面直撃。「携帯代も...
  • 18日(00:00)『おかしな二人 35』
    ウチに帰ってからのあたしは大慌てだった。浅井くんがバイト終わったらすぐウチに来るっていうのに部屋の中は散らかり放題。こんな部屋見られたくない!今までのだらけぶりはなんだったのだろう?と不思議に思うほどあたしはぱっぱと片付けして掃除機かけて雑巾がけした。トイレ掃除もした。キッチンは使ってなかったから台布巾で拭くだけでよかった。浅井くんが出て行ってから、あたしはまったく料理をしていなかった。...
  • 17日(18:18)『おかしな二人 34』
    休みの日、すっかり万年床が定着してしまった布団の上で着替えもせずにあたしはごろごろしていた。「洗濯くらいはしないとまずいな~」部屋の中の状態はひどいもんだったけれども、まずは洗濯しないと着替えが無くなる。特に下着がヤバイ。だるいな~と思いながらもとりあえず先に下着類を洗濯機の中につっこんだ。洗濯物は洗濯機が洗ってくれるからいいけど、干すのは自分でやらなければならない。めんどくさい…乾燥機欲しいな。...
  • 17日(11:54)『おかしな二人 33』
    顔も足もむくんでいる。毎晩自分の部屋で飲んだくれて酔っ払ってそのまま眠ってしまっていればむくみも出る。仕事は立ち仕事だからなおさらだ。それでも仕事だけはなんとかしていた。今のあたしには仕事しかないから…。仕事中にも脳裏をニコッと笑った尻尾のない痩せわんこの笑顔がよぎるけど、どこにいるのかわからない。『迷い犬探しています』と張り紙するわけにもいかない。犬じゃないし、自分の意思で出て行ったのだからどう...
  • 17日(00:00)『おかしな二人 32』
    「薄情者…あんなにあたしのこといっぱい好きって言ってたのに、出て行ったとたんメールも電話もよこさないで何やってんのよ!」酔っ払いのあたしは最近ひとりごとが多い。本音がぽろぽろ出てくる。実は、浅井くんにメールはしたのだけど返事がこなかった。「電話しよ!」おもいきって電話してみた。「……」...
  • 16日(14:38)『おかしな二人 31』
    仕事のミスだけではなく買い物したら物を受け取らずにその場を立ち去ろうとして、店員が追いかけてきたりするなんてことが最近続いている。ぼんやりしすぎだ。うっかり地下鉄の定期を改札で取り忘れして見知らぬ人に、「定期忘れてますよ!」と声をかけられてあわてて取りに戻ったりもしている。しっかりしなくちゃ!そう思ってみてもまるでダメ。あたし、一体どうしちゃったんだろう?...
  • 16日(00:18)『おかしな二人 30』
    浅井くんの給料日、「市子さん、はい」と手渡されたのは給料袋だった。給与振込みのはずだから明細だけ入っているはずなのになぜか中身が入っていた。どうリアクションしていいかわからない。「なんであたしにこれ渡すの?」「お世話になってるから、家賃、光熱費、食費、買い物のツケの支払いに」浅井くんはそう言うけど給与明細まで入れて渡さなくてもいいんじゃない?それに、この金額バイト代全額じゃないの?「こんなに受け取...
BlogTop | PageTop  | >>
ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【124件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

日本語→英語 自動翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。