2017/03:- - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 -
カテゴリ[古典や歴史を腐女子の目線で読んでみたら・・・]の記事
  • --/--/--(--:--) 『スポンサーサイト』
  • 2007/11/28(20:09) 『光源氏はバイセクシャルだった!?』
    源氏物語といったら光源氏のプレイボーイっぷりが有名なのですが、実は光源氏は男にも手を出していたのです!人妻の空蝉に強引に手を出した源氏の君はその弟の小君を空蝉に再度近づくための布石にしようとして引き取りました。ところが、小君がなまめかしい風情の上品な少年であったためすっかり気に入ってしまい源氏の君は寝る時もそばから離さないほどかわいがるようになりました。でも、子供といっても12、3才の当時はもうちょ...
  • 2007/12/05(18:56) 『倭建命はタケルに抱かれていた!?』
    先にこっちが書きあがってしまったので光源氏の回で予告していた方は次回にして別件の古典男色ネタ投下しちゃいま~す♪日本書紀や古事記に書かれている不遇の皇子倭建命は女装して熊襲征伐に行きました。熊襲の首長のタケルは女人に混じって宴の席にいた女装の皇子を見目麗しい乙女と愛でて寝所に連れ込みました。お酒を飲みながら二人きりで戯れまさぐりといったことをしていたのは夜更けの周囲に人気がなくなった頃のことでした...
  • 2007/12/07(05:23) 『業平の本命は実は…』
    伊勢物語で有名な在原業平は美男子でプレイボーイでした。この方は実在した人物で歌詠みの才能があった風雅な方だったのですが、スキャンダラスな恋愛騒動のせいで出世がはかばかしくありませんでした。不思議なことに女性と浮名は流しても伊勢物語の中では正室や側室の存在は見当たらず、深い友情で結ばれた男友達や主従関係にあった親王様とたいへん情の深い歌のやり取りをしているのが目立ちます。大雪の中を比叡山の麓にある出...
  • 2009/01/23(18:11) 『織田信長の最初のお稚児さん』
    織田信長のお稚児さんといったら、皆様誰を思い浮かべますか?「森蘭丸」ですよね?でもね、信長は若い頃から男色に手を出していたんですよ。おそらく、最初のお相手は小姓の前田利家。14歳の時、尾張那古野(名古屋)城主織田信長に近習として仕えた元服前の利家は、幼名を犬千代といい、前髪の初々しい美少年でした。当時18歳の信長は噂通りの破天荒振りで、犬千代(利家)の手には負えないバカ殿、いや若殿であったが、犬千代(...
  • 2009/08/04(23:39) 『女装癖&美少年Love・・・将軍様の許されなかった性癖』
    今回は、古典ではなく歴史上の実在人物のお話です。徳川三代将軍の家光さんは、実は、尼僧だったお万の方と出会わなかったら、男色一筋だったかも?というお方でした。美少年のお小姓たちと一緒にお化粧して女のように着飾って踊っていたのを家臣に見咎められて、それはやめにしたのですが、ゲイの他にトランスベスタイト(服装倒錯)疑惑有りな将軍様でもあります。女のように美しい美少年を愛した家光さんは、もしかすると自分自...
  • 2009/08/05(18:47) 『古代ローマ帝国はバイセクシャル帝国だった!?~女装のサディストカリグラ編~』
    実は、古代ローマ帝国の歴代皇帝は、女色だけではなく男色も好む両刀使い(バイセクシャル)が大半でした。シーザーから数えて15代までのローマ皇帝のうち、男色に興味を持たなかったのはカリグラ帝が暗殺された後に次の皇帝となったカリグラの伯父のクラウディウス帝だけだったといわれています。クラウディウス帝の甥のカリグラは、サディストで自分が楽しむために何の罪もない人を次から次へと残酷な方法でなぶり殺しにしたの...
  • 2009/08/05(20:06) 『古代ローマ帝国はバイセクシャル帝国だった!?~皇帝の性転換編~』
    三世紀のローマ皇帝ヘリオガバルスは、実は先々代の皇帝カラカラの従弟でしたが、母ユリアが実子であると主張して、まんまと息子を皇帝の座に据えてしまったという経緯のある皇帝でした。ヘリオガバルスはいつも女装し、男性の愛人を持っていました。一応、バイセクシャルで女性とも関係しましたが、どうやら男性の方がお好きだったようです。14歳で皇帝に就任したこの少年皇帝は、女装と男色を好み、男とのセックスでは受け(ネ...
  • 2009/08/05(20:16) 『シーザー、おまえもか!?~ビテュニアの男王妃~』
    ローマ帝国の礎を築いた英雄、ジュリアス・シーザーことガイウス・ユリウス・カエサル(前100-前40)は、「英雄色を好む」という言葉通り、世界三大美女に数えられるエジプトの女王クレオパトラや多くの美女たちと浮名を流したことで知られています。が、その一方で、古代ローマの多くの男性と同様、男色も好み、「ローマのすべての女の夫、すべての男の妻」とも呼ばれていたそうです。「シーザー、おまえもか!?」と言いた...
  • 2009/08/05(20:30) 『男と二度結婚した皇帝~ローマ帝国爛熟時代~』
    ローマ帝政時代にはその文化は退廃の色を濃くし、性道徳は乱れ、売春や不倫、男色、近親相姦などが社会に蔓延したといわれています。男色については、古代ギリシャの少年愛の倫理的な理想論は陰を潜め、もっぱら快楽主義的な面が強調されるようになりました。きっとプラトンは草葉の陰で嘆いていたことでしょう。『プラトニックラブ』だのなんだの言っても、結局のところギリシャの哲学者であったプラトンは女性には興味の無いゲイ...
  • 2009/10/10(03:26) 『あなたは旦那にもらうならどの戦国武将がいいと思いますか?』
    goo ランキング「お嫁に行きたい!」と思う武将ランキング1直江兼続2前田利家3上杉謙信3伊達政宗5織田信長→6位以降を見る(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved. さすが、大河ドラマの影響大ですね!ついこないだまでは、「直江兼続って誰?」状態だったと思われるのに、テレビドラマの影響ってほんと侮れませんわ(^^;でもね、アンケートでは人気あるけど、信長はおそらく最初の正室の濃姫(帰蝶)のことは大事にはしなか...
  • 2009/12/19(02:33) 『ドルシラは知っていた~カリグラの狂愛~』
     歴史上の実在人物いじって小説書こうかと思ったので、最初に歴史上の背景と推測を書いておきます。 ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの後を継いだのは、愛妻リウィアの連れ子のティベリウスことティベリウス・クラウディウス・ネロ・カエサル(前42-後37)であった。 しかし、ティベリウスは吝嗇で、猜疑心が強く、冷酷かつ残虐な皇帝で、肉親も信用せず、死んだ息子の嫁や孫を容赦なく殺害したりもした。 ティベリウス...
★ブログランキング参加中

ぽちっと応援お願いします。

出来るだけ多くの人たちに伝えたいことがあります。あなたのワンクリックで何かを変えることも出来るかも? クリックで救える命がある。

FC2アクセスカウンター

Twitter...

https://twitter.com/kikuti_ran/

菊池 乱 Reload

【公式】平成28年熊本地震 応援メッセージグルっぽ > 支援情報

カテゴリー+月別アーカイブ

2016年 04月 【3件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 10月 【5件】
2014年 07月 【1件】
2013年 03月 【5件】
2012年 04月 【1件】
2011年 11月 【6件】
2011年 07月 【2件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【6件】
2011年 02月 【1件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【23件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【28件】
2010年 06月 【25件】
2010年 05月 【26件】
2010年 04月 【20件】
2010年 03月 【19件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【40件】
2009年 12月 【41件】
2009年 11月 【33件】
2009年 10月 【38件】
2009年 09月 【54件】
2009年 08月 【84件】
2009年 07月 【123件】
2009年 06月 【64件】
2009年 05月 【54件】
2009年 04月 【29件】
2009年 03月 【40件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【38件】
2008年 12月 【28件】
2008年 11月 【28件】
2008年 10月 【60件】
2008年 09月 【32件】
2008年 08月 【28件】
2008年 07月 【81件】
2008年 06月 【28件】
2008年 05月 【28件】
2008年 04月 【44件】
2008年 03月 【63件】
2008年 02月 【41件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【19件】
2007年 09月 【30件】
2007年 08月 【30件】
2007年 07月 【36件】
2007年 06月 【56件】
2007年 05月 【21件】
2007年 04月 【11件】
2007年 03月 【62件】
2007年 02月 【3件】
 

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

菊池 乱

Author:菊池 乱

菊池 乱の小説ブログへようこそ!

現在電子書籍化準備中の作品もありますが、電子書籍の販売日決定しましたら、ブログやその他の無料サイト内での作品公開はストップします。

有料配信前の作品の無料公開は、あくまでファンサービスですので読んで楽しむだけにしておいて下さいね(^^;

この小説ブログでは、鬼畜、調教、SF、BL・ML・JUNE、女装、トランス、メンタルストーリー、変態の純情(?)や変態ラブストーリーなどを描いていきたく思っております。(注:基本アブノーマルですw)

♂×♂、女装、トランス(TS)、SM、その他アブノーマルプレイ有りだったりします。

基本的にアブノーマルなストーリー展開になるかと思われますので、そういうのが苦手な方とおこちゃまはブラウザーバックして下さい。

ただし、ストーリー性重視しておりますので、アブノーマルでもエロ無しということはございます。実はテーマは大真面目ですし(ニヤリ)

言論と表現の自由を守るため、伝えたいことを正しく伝えていくために、微力ながらも闘う所存にございますので。


【注意事項とリンクについて】
このブログ内の文章やオリジナル画像等の著作権も二次使用権も菊池 乱にあります。

無断転載等はお断り致します。

ブログや携帯小説サイトのURLリンクにつきましてはご自由にどうぞ(^^)

ブロともさんは、お友達、あるいはお友達からご紹介いただいた方のみ申請承認しております。

FC2プロフィール
どこでも読書QR(docomo)

docomo用QRコード

どこでも読書QR(au)

au用QRコード

どこでも読書QR(ソフトバンク)

ソフトバンク用QRコード

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。