1. 無料a
FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

桂木先生の鬼畜な休日 1 

「きみはもう飽きましたよ。今すぐお帰りなさい」

と言葉遣いは丁寧でも冷ややかな口調で言い放った桂木先生は、裸のままのM女をドアの外に蹴り出した。

 いったん閉められたドアが開いて、もしかしたら部屋に入れてもらえるかも・・・とか、今のはプレイのうちでこれからプレイの続きをしていただけるのかも?と期待して待っていた首輪一つ身につけただけの裸のM女の体には赤い筋が何本もできていた。

 桂木先生に一本鞭で鞭打たれたM女の青い静脈の透けている白くて薄い皮膚は切り裂け血が滲んでいた。

 これでも、桂木先生にしては手加減したうちに入る。
 
 今まで人に言えないような恥かしいことをこのM女にはあれこれやらせてやった。
 
 だから、桂木先生がどんなひどいことをしたって、この程度の傷なら普通のOLであるこのM女が警察に行くことはないだろう。

 法廷で自らの恥をさらすことになるようなことは、よほどのことがない限りカタギの女はしない。

 公衆の面前でセカンドレイプよりも強烈な羞恥と屈辱を与えられることになるからだ。

 最悪、変態M女な自分がどんなことをやってきたのかをメディアに報道されて世間様に知られるところとなる。

 勤務先にはいずらくなるだろう。

 今後の恋愛や結婚にも支障が出るかもしれない。

 訴えた女の方が社会的に不利なことになるわけである。

 そういうわけで、計算高い女なら警察には行かない。

 狡猾な桂木先生は、そんなこともわからないような馬鹿な女は相手にしないので、今までいろいろと訴えられてもおかしくはない非道なことをやってきたが訴えられたことなど一度もない。

 再びドアが開いた時、

「忘れ物ですよ」

という桂木先生の言葉とともに、M女の衣類やバッグや靴が廊下に放り出された。

 バタンと目の前でドアが閉められた後、しばらくの間、M女は呆然とその場に座り込んで再び開くことのない部屋のドアをみつめていた。

「な・・・んで?」

 なぜ自分が突然ホテルの部屋から放り出されたのかわからなかったそのM女は、ドアをみつめたままそうつぶやいた。

 けれども、桂木先生のきまぐれでプレイ中に突然捨てられたM女は、泣きながら衣類を身につけるとおとなしく帰って行った。

 桂木先生を怒らせるとどれだけ恐ろしいことになるかは、身をもって知っていたから桂木先生の命令通り帰ることにしたのである。

 依存性のある特殊な媚薬を繰返し使われ、極度な快感と苦痛を自ら求め桂木先生の『玩具』にされる前に捨てられたこのM女は幸運だった。

 本人は気づいてはいないだろうが・・・。

 一方、桂木先生の方は、さっきまで散々キツイ調教というよりも、拷問というのが正しいようなことまでおこなったM女をホテルの部屋の外に蹴り出した直後、

『今からすぐに出かけて来れますか?六本木のホテルまで来れるなら特別に調教してあげましょう』

というメールをある人物に携帯から送信した。

『すぐお伺い致します!どちらのホテルでしょうか?』

 即行返事が着た。

『私が六本木で調教と言ったらその設備のあるホテルに決まっているでしょう?頭の悪いMは私は嫌いですよ』

と桂木先生が打ったメールを送信したら、

『申し訳ございません! 六本木と言ったらホテルAに決まっていますよね?』

という返信がすぐに着た。

『そう、ホテルAの306号室ですよ。早く来ないと気が変わって他のMを呼ぶかもしれませんからせいぜい急いでいらっしゃい』

『はい!急いでお伺い致します!!』

 桂木先生がメール送信したらすぐに返信して来た人物は、急いで六本木へと移動し始めた。

「追加料金かかってもかまいませんから新しいタオルを持って来て下さい」

と桂木先生はフロントコールして新しいタオルを頼んだ。

 さっき追い出したM女とのプレイで、タオルは使用してしまっていたからだ。

「はい、すぐにお持ち致します」

と電話越しにすっかり顔見知りになっているこのSMホテルのフロントの中年女性の返事を聞いた桂木先生は、

「お願いします」

と言って部屋の電話の受話器を置いた。

☆人気ブログランキング☆

【おしらせ】
この作品は加筆修正してポケクリに移転しました!続きはポケクリの「桂木先生の鬼畜な休日」からどうぞ☆

本編の「変身サプリメント~被験者望の場合~」>もポケクリにて公開中!
スポンサーサイト

Posted on 2009/08/04 Tue. 22:25 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。