fc2ブログ

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!
 

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記

今の私は家なき子。一応、北海道には実家があるから、私が帰る気にさえなればいつでも帰れるのだけれども、まだしばらく帰りたくない。自分の部屋を引き払って、必用最低限残した荷物を友達のところに預けて、私が今なにをやっているかというと素人パチプロ。プロのパチプロの方々と違って、私は一切機械の類を使用しない。ほとんど運と勘で勝ち続けている。ギャンブルの神様というものがもしもいるのだとしたら、私はギャンブルの...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記2

パッキーカード500円分の玉で私はすぐに当たりを引いた。最初のスーパーリーチでいきなり確率変動の大当たりを引いた。その後、快調に23箱ドル箱積んだら確変終了後、私は換金して帰ることにした。今日の収入は10万ちょっとになったので、ちょっとだけ贅沢してしまおうかと、いつもよりもちょっといいホテルを携帯サイトで予約した。こんな渡り鳥な生活をするようになってから、持ち歩く荷物は増やしたくなかったから物はたいして...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記3

居酒屋での会話は地雷踏まぬように私は慎重に言葉を選んだ。知ってしまうと都合の悪い事柄を知らぬまま食事を終えてさよならすればセーフだなどと自分に言い聞かせていた私はずるい大人。素人パチプロして放浪してるような私でも基本の部分はガチガチに固いところがあったりする。若いにーちゃんの名前は健一といった。一瞬、その名前から昔の人気ドラマシリーズの主人公のケンちゃんを思い出したりしたものの、間違いなく彼はそれ...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記4

カラオケ行ってしまってから、最近の新譜なんかはまるっきりわからない私は、健一くんくらいの年代で人気のあるアーティストって誰?と選曲で悩んでしまった。私は、若い子とカラオケ来ると一番ジェネレーションギャップを感じる。コンビニで耳にするゆうせんで、すでにあゆの時代ではないらしいということくらいは察知してはいたものの、名前は知っていても歌えるほど曲を知らない。最近のアーティストの曲は歌えない。唯一の救い...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記5

ヤバイ!毒林檎食っちゃったよ~。仕事してるって聞いて安心してしまったのが間違いの元だった。中卒や高校中退であの手の仕事をしている少年はいるわけで、仕事していても18才未満である可能性っていうのはあったわけだったのだけど、私は18くらいなのかな?と思ってしまっていた。セーフラインであることを無意識のうちに求めていた。「若いね~。おばさん、体力ないもんだから、ここらへんで打ち止めにしたいんだけど…」などと...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記6

それでも、ひさびさに顔も好みだし身体の方も合格点だったのに惜しいな~とはチラッと思った。顔と首筋と腕しか日焼けしていないのは、仕事中に自然と焼けたからで日サロで焼いたような日焼けではなかった。私は日サロで焼いた黒々とした顔の男は苦手だったから、こういう自然な日焼けのし具合が好きだった。仕事中に衣服で隠れている部分は対照的に白くって、「パンダ」などとからかってしまったけれども、そういうのはイヤじゃな...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記7

友達の部屋にこもって私がしていることといったら、寝るか食べるか読書するかだった。でも、読書といってもそれは読書とはいえないようなものだった。パチンコ攻略本で新台チェックしているだけ。ほとんど運と勘だけで勝ち続けていたとはいえ、最近は新台入れ替えのペースが早いため、信頼性の高いリーチや予兆くらいは知っておかないとうっかりまだ出る台を捨ててしまうことがあるため、ちょっとくらいはお勉強しておかなければな...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記8

友達の部屋にこもっている間は、夜中に食べ物とパチンコ雑誌を求めてコンビニに行く以外はなるべく外出しない。駅の向こう側にはスーパーもドラッグストアもあるけど、私はスーパーでは食材買いこみ過ぎる傾向にあるので、一人でいると無駄にすることも多くてもったいないからコンビニで済ましてしまう。一度近所のラーメン屋に行ってみたりもしたけど、あまりのまずさに、「二度と行かない!」と思った。でも、札幌の地元民がまず...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記9

JR浜松駅に着いたら友達は迎えに来てくれていた。「げっ、みどり、太ったんじゃない!?」迎えに来てくれた友達に対する第一声がそれとは我ながらひどいとは思うけど、一目見てあきらかに太ったとわかるほど友達のみどりは太ってしまっていた。「ひさしぶりに会ってそれ?志保はあいかわらず厳しいね」と言うみどりの口調はのほほ~んとしている。台詞とは裏腹にノーダメージだ。この図太さはどこからくるのだろう?「お水やってて...
Comment-open▼ *

運だけで勝ち続けた女のパチンコ放浪記10

平日は12時半で店は終了するとみどりは言っていたのに2時過ぎても帰って来る様子はなくて、私はとっとと自分の布団を敷いて寝た。みどりはまた悪い癖が出ているようだ。たぶん、店が終わってから飲み歩いている。今みどりが働いている店は特殊だから、お水でも同伴もアフターもなく基本的に定時で営業終了する。普段はおっとりした気のいい子なんだけど、みどりは深酔いすると豹変する。次の日飲み歩いていた時の記憶がないくらい...
Comment-open▼ *