1. 無料a
FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!

ライフメディア

ブログランキング参加中

FC2アクセスカウンター

オンラインカウンター

Twitter...

カテゴリー+月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

FC2プロフィール

どこでも読書QR(docomo)

どこでも読書QR(au)

どこでも読書QR(ソフトバンク)

QRコード

By FC2ブログ

日本語→英語 自動翻訳

お知らせ

出版社の倒産により現在電子書籍の配信が休止となっております。報告のあったダウンロードのコミッションも私はまだ出版社から一円も受け取っておりません。お金よりも作品の公開権利のほうが大事なのでとりあえず担当の方に相談してみてから電子書籍以外での公開という形での作品の公開を再開したく思っております。

2015年12月24日

こねこ時計 ver.3

CATS
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 1 

 終わったら、彼氏は言いました。

「もう、おまえと会わないから」

「なんで!?」

 ヒロ君は、ベッドの上で抱き合ったばかりなのに、彼氏にそんなことをいきなり言われてびっくりしました。

「一緒に住み始めた彼女が、浮気してるんじゃないかって疑っててヤバイんだよ。男友達と遊んでたって言っても納得しない。ほんとに男友達のおまえと遊んでるだけなんだけどな」

 ヒロ君は彼氏のその台詞を聞いて、とても悲しそうな顔をしました。

 ゲイのヒロ君は、ノンケの彼氏がえっちしてくれるようになったから、つきあっている気でいたのですが、どうやら彼氏の方は違っていたようでした。

 彼氏は、ヒロ君のことを一緒に遊ぶ、たまにえっちもする男友達としか思っていなかったのです。

 キスもしたし、その先のことも何度もしたのに…。

 ノンケの彼氏は、ヒロ君のことを「恋人」とは、思ってはいませんでした。

 ヒロ君は、愛人とかセフレですらもなくて、ただの「男友達」としか思われていなかったのです。

 がっかりするやら、悲しいやら口惜しいやらで、ヒロ君は泣きそうでした。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2008/02/19 Tue. 15:57 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 2 

 半年前に彼女ができたとか、最近同棲し始めたとかいう話は、彼氏から聞いていました。

 だけど、今の彼氏とは一年もこの関係続いていたから、ヒロ君はこんなにもあっさり捨てられるとは思ってもみなくて大ショックでした。

「俺の私物持って帰るから。もしもなんか残っていても、捨ててくれてかまわないから」

 そう言って彼氏がてきぱきと、ヒロ君の部屋に置いていたお泊りセットや服や本やCDなんかをカバンに詰めて回っているのを見ようともせずに、ヒロ君は枕に顔を突っ伏して静かに泣いていました。

「合鍵、テーブルの上に置いていくから」

 そう言って彼氏が部屋を出て行った後、しばらくしてから小さなガラステーブルの上に彼氏に渡していた合鍵が乗っているのをベッドの上からヒロ君は確認しました。

 その後は片っ端から彼氏がヒロ君の部屋に置いていた物を探して回りましたが、悲しくなるくらいになにも残ってはいませんでした。

 ようやくみつけたものは、えっちの時に使ったSMグッズだけでした。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/20 Wed. 20:36 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 3 

 ヒロ君は、泣きながらひとりごとをつぶやきました。

「うぅっ、男のボクじゃダメなの?ズズッ…なんでダメなの?」

 すすっていた鼻を、ぶぶっと勢いよくかんだヒロ君は、更につぶやき続けました。

「口は、彼女よりボクの方がうまいって誉めてくれたじゃん。気持ちいいって言ってたじゃん。気持ちいいこといっぱいしたのに、なんでボクじゃダメなの?なんで、いつもいつもボクは振られるの?」

 本当は答えはわかっているのに、ヒロ君は大きな目から涙をこぼしながら、ひとりごとを言いました。

 ノンケ好きのゲイであるヒロ君は、今までつきあった彼氏には、まともに恋人扱いしてもらえていませんでした。

 えっちもする男友達。

 あるいは、お金のかからない風俗嬢(?)みたいな感じで利用されていたのです。

 ところが、ヒロ君の方は彼氏にすっかり惚れちゃっていたものですから、彼氏のためならなんでもしちゃっていました。

Posted on 2008/02/21 Thu. 21:24 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 4 

ヒロ君は、彼氏がしたいと言えば、苦手なプレイも我慢してやりました。

 でも、ノンケ彼氏の方は、都合よくヒロ君を性欲処理に利用していただけなので、彼女ができたらさようならというパターンがほとんどでした。

 男は気持ちいいことを繰り返してやれば、そういう関係を拒まなくなる傾向にあります。

 ですから、じわじわと慣らしていって「合体!」なんて、アプローチの仕方をしていた襲い受けのネコちゃんなヒロ君のやり方にも問題が有ったわけです。

 けれども、ノンケの男攻略は、ゲイにはなかなか難しいのです。

 ノンケ彼氏がフリーの時は、まあそれなりにいい感じになりました。

 でも、彼女ができたりすると、イッキに持っていかれてしまうことも多々有りました。
 
 それに泣かされてきたヒロ君は、とことんノンケ好きで、二丁目あんまり行かない派のゲイの男の子なのでした。

 ヒロ君は、いつも学校や職場でノンケの男に一目惚れしちゃいます。

 長い道のりを経て、攻略したかと思ったら、女に持っていかれるの繰り返し。
 
 ヒロ君は、幸せな恋とは縁遠い男の子でした。

Posted on 2008/02/22 Fri. 16:54 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 5 

 ヒロ君は、24になっても美少年と呼ばれるルックスをしています。

 なので、女の子やゲイにはモテます。

 ヒロ君が妥協できれば、愛してくれる相手とおつきあいできたかもしれません。

 ところが、ノンケ男にばかり惚れるヒロ君は、いい恋愛は一度もしたことがありませんでした。

 どうしても、自分が好きになった人とおつきあいしたかったヒロ君は、いろいろと姑息な技も身につけて、あの手この手で一生懸命がんばったのですが、けれども、そんな技使っても彼氏の体は手に入っても、心は手に入れることはできませんでした。

 また、ヒロ君はいっぱい好きで好きでたまらなくて、尽くし過ぎてダメになるタイプでもありました。

 ヒロ君の不幸の源は、

「愛されること」

よりも、

「愛すること」

に夢中になってしまうことにありました。

 だから、ヒロ君のことを恋愛対象として見てくれないノンケ男を一生懸命愛しても報われなかったのです。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/22 Fri. 17:10 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 6 

「二丁目行って男引っかけてこよ!」

 ベッドからいきなりガバッと起き上がると、さっきまで泣いていたヒロ君は、バスルームへ向かいシャワーを浴びました。

 彼氏に振られたヒロ君は、失恋時の恒例やけナンパやりまくりをしてくることにしたのです。

 つきあわないけど、ゆきずりのゲイとやりまくってくると自信復活するからです。

 ヒロ君に声をかけてくるゆきずりのゲイは、優しくてすごく気持ちいいことをしてくれます。

 彼氏はそんなことしてくれなかったのに…というようなことまで。

 ヒロ君に誘いをかけてくるゲイはみんな、いっぱいヒロ君のことを誉めてくれたりもします。

 それで癒されて、ちょっとは復活したヒロ君は、また次の恋を探すのでした。

 ところが、今回のヒロ君は、失敗してしまいました。

Posted on 2008/02/23 Sat. 14:57 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 7 

 とりあえず、最初の景気づけにバーで飲んでいたヒロ君は、

「あっ、あの人、先輩に似てる!」

 学生時代に憧れていた先輩にちょっと似ている、長身で銀縁メガネをかけている男の人を発見してしまいました。

 そして、見かけた瞬間にヒロ君は、自分から声をかけに行ってしまいました。

「あの…一緒に飲みませんか?」

「こういうところをうろついていても、あいにくと私はゲイではありませんから、きみの期待しているようなことはありませんよ。それでも良ければ一緒に飲むくらいはかまいませんが。当然、声をかけてきたきみがおごってくれるんでしょうね?」

「はい、もちろんです」

 ヒロ君は思い描いていたイメージとは、ずいぶんと異なるこの人物と一緒に飲むことにしました。

 こんな些細なことが、自分の人生を変えてしまうことになるとは思いもせずに……。

Posted on 2008/02/23 Sat. 15:01 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 8 

 桂木と名乗った銀縁メガネの長身の男は、酔ったヒロ君の失恋話を聞いてとんでもないことを言い出しました。

「ノンケが好きなら、女の子になればいいんですよ」

と言われたヒロ君は、

「ボクは男のままのゲイのボクのままで恋愛したいんです!」

 普通のゲイの男のヒロ君は、そう主張したけれども、

「期間限定で女の子に変身して、好きな人とつきあってみればいいんですよ。きみならかなりの美少女に変身できるでしょうから、ノンケの男にさぞかしモテるでしょうね」

「え?」

「本当に期間限定で女の子に変身して、その後、男に戻る方法があるんですけど、興味はありませんか?」

 酔っ払っていたヒロ君は、桂木のその台詞に、

「興味あります」

と答えてしまいました。

 好きすぎて告白できなかった先輩に、ちょっとだけ似ている桂木にそんなことを言われたからかもしれません。

Posted on 2008/02/23 Sat. 15:08 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 9 

 期間限定でも、女の子だったら堂々と告白できるかもしれないし、もしかしたら先輩とちょっとだけでもつきあえるかも?

 ヒロ君は、女の子になった自分が、先輩とらぶらぶな恋人同士になっているところをおもわず妄想してしまいました。

 そして、変身サプリメントとかいうものの被験者になれば、一週間だけ女の子の体に変身できるなんて、桂木のうさんくさい話にヒロ君は乗ってしまいました。

「まとまったお休みが取れたら連絡下さい」

と言った桂木から渡された名刺を見たら、会社ではなくて研究所名とその住所と電話番号が記されていました。

『TSプロジェクトリーダー 桂木要一』

と記されているそれをヒロ君は財布の中にしまうと、

「有給取れたらすぐに連絡します」

と答えました。

 ゲイのヒロ君は、普段は名の通った会社に勤める普通の会社員なのです。

 すぐには一週間も休めません。

 準備が必要でした。

Posted on 2008/02/23 Sat. 18:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 10 

 店を出たら、ヒロ君と違う方向へと歩いて行った桂木を、一瞬振り返って見たヒロ君は、

「あの時の先輩みたい…」

と小さくつぶやきました。

 黒のロングコートを着た桂木の後姿は、最後に会った先輩の後姿によく似ていたのです。

 12月になってすぐに彼氏に振られてしまったヒロくんは、先輩とらぶらぶなクリスマスを過ごすことを夢見て、クリスマスまで10日間の有給休暇をとりました。

 被験は一週間でも、先輩の居所を探し出して、どうアプローチするか作戦を練らなければならないからです。

 ヒロくんは、今までノンケの男を落とすまで、じっくり時間をかけてきたのですが、今回は一週間でなんとかしなければなりません。

 一週間という限られた期間で、女の子として告白してつきあってもらわなければならないのです。

 女の子に変身して会いに行っても、先輩にはもう彼女や奥さんがいて、振られてしまう可能性もあります。

 その場合は、色仕掛けや一服盛るといった姑息な手を使ってでも、一夜の想い出くらいはもらってくる気でいたヒロくんは、女性誌買い漁りモテ女研究をしました。

Posted on 2008/02/23 Sat. 20:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 11 

 先輩の今の連絡先を知らないヒロ君は、先輩の実家にドキドキしながら電話をかけてみました。

 けれども、先輩の昔の携帯と同様に、

「お客様のおかけになった番号は現在使われておりません。番号をお確かめになってから…」

という電話会社の女性の声のアナウンスが、繰り返し流れるばかりで、先輩の実家にはつながりませんでした。

 わざわざ5000円も出して買った最新版の卒業生名簿には、先輩の実家の住所と、電話してもつながらなかった電話番号しか載っていなくて、ヒロ君は途方に暮れてしまいました。

 それでもなにがなんでも先輩を探し出す気でいたヒロ君は、今度はネットから依頼する「ネット探偵」に5万円振り込んで、先輩の現在の連絡先の調査依頼をしました。

 サイトから「ネット探偵」に依頼すれば、引っ越しても、電話番号が変わっていても、旧住所や旧電話番号と名前から、現在使用中の電話番号や現住所くらいなら、簡単に調べることができるのです。

Posted on 2008/02/23 Sat. 21:23 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 12 

 なんでヒロ君が、そんなことを知っていたかというと、以前つきあっていた彼氏にお金貸したらいきなりいなくなったことがあったからでした。

 貸した金額が大きかったものだから、ヒロ君は偶然ネットで目にした「ネット探偵」に、彼氏の行方を調査依頼して探し出しました。

 なかなか「返す」と言わない彼氏に、

「お金返してくれなかったら、君のお父さんやお母さんに、ボクとのこと全部話すからね!」

とヒロ君が言ったら、

「それだけは勘弁してくれ!」

と彼氏が叫んで消費者金融でキャッシングまでして、お金を返してきた時には、ヒロ君は泣きました。

 ゲイのヒロ君だって、自分の親にカミングアウトはしていませんが、彼氏が血相変えて叫んだその言葉には、傷つきました。

 親にヒロ君とのおつきあいのことを知られたくないがために、サラ金からお金借りてまでノンケ彼氏が返してきたお金を受け取った時、ヒロ君は全然うれしくなんかなくて、悲しいとか、情けないとか、なんだかとてもみじめな気分を味わいました。

 苦い苦い思い出です。

Posted on 2008/02/23 Sat. 21:24 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 13 

 でも、そのお金がなければ、ヒロ君はキャッシングするか、会社に内緒でこっそり体を売るかしなければならなかったので、

「こんなお金いらない!」

と一瞬思ったものの、受け取らざるを得ませんでした。

 ナンパされてそれなりにOKなタイプの男に抱かれるのと、お金のために体を売るのとでは大違いだということは、ヒロ君は知っていましたから。

 ノンケ好きのヒロ君の数少ない二丁目友達の中で、お金に困って身売りした子がいたのです。

 売り専でこっそりバイトしても、想像していたほどの金額はもらえなかったし、性病移されてしまったのですぐに辞めたお友達は、

「体売っても店の取り分取られて、手元に残るの福沢さんじゃないのよ。いやなおみやげまでもらっちゃったし、もう最悪~!」

とヒロ君相手に愚痴りました。

 どうやらお友達が行った店は、手取り一万にもならなかったようです。

 その手の店は、ピンキリ。

 でも、嫌な相手と我慢してやるのは、男の好みがあるゲイには苦痛で、稼げなければすぐに辞めます。

 だから、売り専にはわけありのノンケも多いそうです。

Posted on 2008/02/24 Sun. 02:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 14 

 ゲイでも男なら誰でもいいというわけではないのです。

 逆に男の好みにこだわりある分、誰とでも寝なければならない売り専なんかは、ゲイにはかなりつらい仕事なのです。

 ましてや、ヒロ君はノンケ好き。

 たまにゲイの人とセックスすることはあるけど、それなりに好みのタイプじゃなければ絶対にしません。

 ヒロ君の好みのタイプは、メガネの似合うインテリ系で身長180センチ前後。

 今でも、初恋の先輩にどこかしら似ている男に目がいってしまいます。

 本当はモテモテ君のはずのジャニーズ系美少年のヒロ君は、非モテゲイ人生を歩んできました。

 中高一貫の男子校出身のヒロ君は、入学してすぐにあったオリエンテーションでビビビッときてゲイの道に入りました。

 部活勧誘のアピールで、体育館の壇上に立った中等部の将棋部なんてマイナー部の部長だった先輩に一目惚れ。

 以来、ヒロ君はゲイ一筋になっちゃったのでした。

 先輩が卒業するまで片想い5年。

 でも、先輩の卒業後は、さびしくてヒロ君は彼氏を作ってしまいました。

Posted on 2008/02/24 Sun. 06:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 15 

 メガネインテリ系の同級生に誘いをかけてみたら、初回はすんなりうまくいきました。

 ヒロ君は、男子校で「姫」と噂されるようなかわいこちゃんでしたから。

 以来、ヒロ君の男性遍歴がはじまりました。

 大学生になったら、二丁目デビュー。

 でも、ノンケ好きと気づいたあたりから足が遠のきました。
 
 二年前のちょうど今頃、たまたま二丁目帰りに駅の近くで偶然発見した先輩にとっさに駆け寄って、

「先輩!」

と声をかけたら、

「おぅ!ひさしぶりだな。弓月、元気にしてたか?ちょっと飲みにでもと言いたいところなんだが、待ち合わせしてるもんだから時間がないんだ。また今度な」

と言って行ってしまった先輩は、あいかわらず銀縁メガネかけてたし、黒のロングコートが似合っていました。

 バーバリーのチェックのマフラー巻いてた先輩は、ヨン様よりも素敵だとヒロ君は思いました。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 07:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 16 

「なんであの時、名刺や携帯番号の交換だけでもしておかなかったんだろう?」

 ヒロ君は、先輩の連絡先がわかるなら「ネット探偵」に5万円払っても惜しくはありません。

 ただ、あの時連絡先交換しておきさえすれば、部活の先輩後輩としてでも、あの後会えたかもしれなかったのに…とヒロ君はずっと後悔していたのです。

 でも、先輩にゲイがばれて嫌われたら、どうしようという不安がありました。

 そんなわけで、先輩への想いは片想いのまま封印しようと、今までヒロ君は先輩と連絡を取ろうとはしなかったのです。

 本当に好きな人には、嫌われるのが怖くて、アプローチかけられない臆病なゲイのヒロ君なのでした。

「女の子に変身して行けば、先輩はボクだとは思わないだろうから、もし女の子のボクが振られたとしても、男の後輩としてならまた先輩に会えるかもしれないわけだし……」

 そんなことを考えながら「ネット探偵」の調査結果をヒロ君は待ちました。

 そして、意外と近くに先輩がいることをヒロ君は知りました。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 08:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 17 

 通勤電車の路線は違うけれど、先輩の家はヒロ君の部屋から徒歩圏内にありました。

 ヒロ君は、その後、ストーカー紙一重な方法で、変身サプリメントの被験前に、先輩の居所と職場まで調べました。

 執念の一言に尽きます。

 不完全燃焼の片思いを人生の半分も抱えたままでいたヒロ君は必死でした。

 本当に一番好きな人と恋愛することは、あきらめていたはずだったのに…。

 それが叶うかもしれないのです。

 変身サプリメントで女の子に変身するなんて、うそみたいな方法で。

 でも、それが本当なら一週間だけいい夢見れるかもしれません。

 被験の日まで、ヒロ君は女の子研究し続けました。

 先輩が好きそうな女の子になるために……。

 そして、先輩とらぶらぶなクリスマスを過ごすために。

 一週間だけ女の子に変身するヒロ君は、

「一生一度の想い出さえもらえればそれでいい」

とその時は思っていました。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 10:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 18 

 ついに被験の日がやってきました。

 ヒロ君は、被験の同意書に『弓月博人』と署名、捺印してから、

「全部脱いでそこのベッドの上に仰向けに寝て下さい」

とここでは桂木先生と呼ばれているあの桂木に言われて、素直に脱ぎ始めましたが、途中からすごく恥かしくなってきてしまいました。

 先輩にちょっと似ている桂木先生は、ずっとヒロ君が脱いでいるところを見ていて、ヒロ君はなんだか先輩に視姦されてるような気分になってきてしまったのです。

 全部脱いだら病院のベッドのようなパイプベッドに横たわって、ヒロ君は手で股間を隠しました。

「股間は隠さないで下さい。変身前と変身過程と変身後の体の変化をビデオ撮影しますから」

と桂木先生に言われたヒロ君は、頬を赤く染めながらも、股間から手をどけました。

 でも、既に恥ずかしい状態になってしまっているそれを見られてしまったヒロくんは、

「君は見られて感じるんですね。Mでしょう?」

と桂木先生に言われて羞恥のあまり真っ赤になってしまいました。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 12:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 19 

 ゲイのヒロ君には、実はMっ気がありました。

 だから、男の人にこんな風に見られたり、全裸で撮影なんてシチュエーションは、とても興奮してしまいます。

「起き上がってこれを飲んだら、また寝て下さい」

と桂木先生に言われた通り、ヒロ君はピンク色の錠剤を一錠飲んで、またベッドに横たわりました。

 それを飲んでから、なんだか体が異様に火照って、体中おかしな感触がして気色悪く感じて、

「きもちわるぃ」

と言った自分の声が、気持ち悪いとヒロ君は思いました。

 男でも女でもない奇妙な声でした。

 まるで、もうじき電池切れする寸前のテープレコーダーから再生される音声のような不気味な声。

 体中の気色の悪い感触が消えた時、今まで目を閉じていたヒロ君は、目を開いてみてびっくりしました。

「おっぱいがある!え?うそ…おちんちんがない!?」

 なんと、ヒロ君は本当に女の子になっていたのです。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 14:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 20 

 がばっと起き上がって、自分の体を確認したヒロ君は、愕然としました。

「声が…」

 女の子の声になっていることにもヒロ君は驚きました。

 変身サプリメントというものの被験実験で、女の子の体になれるとは聞いていました。

 でも、実際に女の子の体になってみると茫然自失してしまいました。

 12の春からゲイ一筋なヒロ君は、女の子の裸なんてほとんど見たことがないものだから、変化した自分の体に驚きまくっていました。

「ずいぶんと濡れていますね。きみは見られて感じるタイプでしょう?」

 そう言って桂木先生は、股間をティッシュで拭ってくれたけど、ヒロ君はそこがやけにぬるついているのを不思議に思いました。

 いくらボクが見られて感じるからといって、こんなに濡れるわけがないのに……。

 女体を知らないヒロ君は、なんで股間がそんなにぬるぬるしていたのかわからないまま、

「今度はこちらの椅子に座って下さい」

と桂木先生に導かれるまま、ベッドを降りてその椅子の方へと歩いて行きました。

人気ブログランキングへ

Posted on 2008/02/24 Sun. 15:37 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 21 

 ヒロ君はドキドキしながら、その椅子に座って足置き代に足を置きました。

 その大股開きになる恥かしい婦人科の内診用の診察椅子には、実はヒロ君は座ったことがありました。

 以前Sのゲイに誘われてSMホテルに行った時、そういう椅子があったからです。

 ヒロ君は、その時いっぱい恥かしくて気持ちいいことをしてもらいました。

 それを思い出したら、また股間がぬるぬるしてきてしまいました。

 ヒロ君は、不審に思いました。

 先走りではこんなに粘っこい液体で股間が濡れるわけがないわけで……。

 女の子とはまるで経験なしの真性ゲイのヒロ君には、謎の現象でした。

 ヒロ君は、変身した女の子の体をなんだかちょっと不気味に思ってしまいました。

 未知の体に変身中なのですから、しかたがないのですが……。

Posted on 2008/02/24 Sun. 17:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 22 

「さっき拭いたばかりなのにもうこんなに濡らして…きみはMですね?特別に念入りに診察してあげましょう」

 性癖Sというより鬼畜な桂木先生は、美少女に変身したMっ気たっぷりなヒロ君に、通常の内診ではしない診察までしてやりました。

「女性のクリトリスと呼ばれているこの陰核部分には、男性の陰茎と違って尿道はありません。精管その他の男性の生殖器もなく精を発することはありません。ただし、海綿体は内蔵していますから、こうして刺激してやれば、充血してぷっくりと勃ち起こり快感が生じます」

 そう説明しながら桂木先生は、ヒロ君の女の子の形になったその部分を指で執拗に責め立てました。

「あっ、ああん」

 たまらずヒロ君は声をあげてしまいました。

 しばらく、そのまま責め立てられたヒロ君は、気持ち良すぎてヘンになってしまいそうでした。

Posted on 2008/02/24 Sun. 20:14 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 23 

「君の股間を濡らしているこの粘液は、カウパー液ではなくて、バルトリン腺と小前庭腺から分泌されているものです。中に男を咥え込むための潤滑液として分泌されるはずなのに、きみは内診する前からずいぶんと濡らしていましたよね。そんなに男が欲しいんですか?」

「違います!」

とヒロ君は否定しました。

 けれども、桂木先生に濡れ濡れの女の子の部分を攻め立てられて、

「ひゃっ、ああっ、あっ、あっ、あっ、ああん」

 ヒロ君は、なんなのこの気持ちよさ?と思いながらも男の体では感じたことのない種類の快感に声が止まらなくなっていました。

 ヒロ君は、桂木先生の変態診察で女の悦びを教えられてしまいました。

 鬼畜でも、桂木先生は大変お上手でしたから…。

Posted on 2008/02/24 Sun. 23:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 24 

「ついでだから、貫通式もしておきますか?きみのここには、処女膜も存在してますからね」

 桂木先生は、ヒロ君の中に指を侵入させまだ損傷のないヒロ君の処女膜付近を指の腹で探ってこすってやりました。

 ヒロ君は、桂木先生のえっちな診察ですっかり気持ちよくなってしまっていて、あえぎ声をあげるばかりでしたが、

「このまま処女喪失でいいんですね?」

 そう言って桂木先生が押し当てたバイブを挿入しかけたら、

「いたいっ!や、いや!!」

とようやくヒロ君は拒否しました。

「今、貫通させておけば、男とやる時には最初から気持ちよくなれますよ?」

 そう桂木先生に唆されてもヒロ君は、

「本物じゃなきゃやですぅ!」

と言い張って断固として拒否しました。

 まさか処女に変身しているとは、思いもよらなかったヒロ君は、それを知った途端、

「バックバージンは他のやつにあげちゃったけど、なかった穴が処女なら先輩に処女捧げるんだもん!」

なんて健気なことを考えてしまいました。

 今のヒロ君は、本物の乙女になっていましたから。

Posted on 2008/02/25 Mon. 02:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 25 

「桂木先生!なにをなさっているのですか?」

 内診の椅子へと近づいて来たピンクのナース服姿の看護師さんらしき女性が、咎めるような口調でそう言ったら、桂木先生は軽く舌打ちをしながらも、

「実験データをとっていただけですよ」

と平然と答えました。

 看護師さんが現れたことで、危ういところでヒロ君の処女は守られました

「消毒しますね」

と言って看護師さんがピンセットで消毒用の綿の塊をつまんで、消毒すべき場所にあてた瞬間、ビクリとしながら、

「ひゃっ!」

とヒロ君は声をあげてしまいました。

 消毒液で湿っているその綿が冷たくてびっくりしたのです。

「桂木先生、消毒終わりました」

 看護師さんが、そう声をかけたら、白衣の桂木先生は、銀色の器具を手に持ってヒロ君の股間に近づいてきました。

「え!?なにするの?」

 得体のしれない恐怖感に襲われてヒロ君がそう訊ねたのに、手に持っていた銀色の器具を無言で桂木先生はヒロ君の中に押しこんでしまいました。

「やめてーっ!」

とヒロ君はおもわず叫んでしまいました。

Posted on 2008/02/25 Mon. 05:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 26 

 ヒロ君は、異物挿入されたら処女じゃなくなると思っていました。

 だから、その冷たい銀色の器具が入れられたことによって、処女喪失してしまったと思い、ショックでヒロ君は泣き出してしまいました。

「内部まで完全に機能が変化しているか確認するために内診しています。この検査で処女膜損傷することはありませんから、泣くことありませんよ」

と検査しながら説明した桂木先生は、唇の端に笑みを浮かべていました。

 処女をいたぶり処女喪失させるのがお好きな鬼畜な桂木先生は、処女のヒロ君をからかってその反応を楽しんだのです。

 実にいい性格をしておりますが、産婦人科医で優秀な研究者である桂木先生はおモテになります。

 見た目優しげなインテリ三高男で、調教テクニックも最上級となれば、性格に問題があってもモテモテなのでした。

Posted on 2008/02/25 Mon. 12:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 27 

 さっきまで男だったヒロ君には、存在しなかった穴の中には、銀色の検査器具が入っていたけれども、確かに痛みはありませんでした。

「処女のうちに婦人科の検査を受ける女性もいらっしゃいますが、検査で処女じゃなくなることはありませんから、大丈夫ですよ」

と優しそうな小柄な看護師さんにそう言われて、ちょっとヒロ君は安心しました。

 変身サプリメントを飲んで女の子の身体に変身してみたら、ヒロ君は今まで気にしたことがないようなことが気になるようになっていました。

 みかけだけじゃなくて内部構造までも変化してしまっていることにも驚いていました。

 銀色の検査器具を抜き取られたら、今度はヒロ君の下腹部にはなにか冷たいぬるぬるしたものを塗りつけられました。

 そして、さっきとは違う冷たい器具でお腹を左右に撫でられました。

Posted on 2008/02/25 Mon. 14:00 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 28 

「超音波で内部の状態を診ます」

と言ってヒロ君の下腹部に冷たい器具をあてて撫でていた桂木先生は、

「子宮も卵巣も正常な形に形成されていますね」

とモニターを見ながら言いました。

「え!?」

 ヒロ君は、一瞬自分の耳を疑いました。

 子宮や卵巣が男の身体に出来上がるもんなの?

「妊娠可能な女体に変身していますから、男性と避妊しないでセックスすれば、妊娠しますからね」

と桂木先生に注意されたヒロ君は、なんだか不思議な気分になっていました。

 今のヒロ君が抱かれたいのは先輩だけ。

 そんなの無理なんだろうけど、先輩の赤ちゃんなら欲しいかも……とちょっとだけ思ってしまいました。

 今までゲイのヒロ君は、子供欲しいなんて思ったことなんかなかったのに……。

 少しずつヒロ君の中で何かが変わりつつありました。

Posted on 2008/02/25 Mon. 16:24 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 29 

 内診や他の検査や測定全部終って、ようやく用意されていた女物の服を着たヒロ君は鏡を見て、

「さすがボク…アイドル顔負けの美少女じゃん」

とひとりごとをつぶやきました。

 ヒロ君は、女装することに対してはあまり抵抗ありませんでした。

 中高一貫の男子校に6年いたから、イベントや文化祭のクラスの劇なんかでは、ヒロ君は何度も女装させられていました。

 大学の学祭の『ミスターレディーコンテスト』では優勝経験もあるヒロ君は、変身前からなんとなく女の子の自分の姿を想像することが出来ていました。

 ヒロ君みたいなかわいい子は、劇のお姫様役推薦されたりもするわけで、何度もやってりゃ女装くらいどうってことなくなります。

 それに、

「弓月、かわいいなぁ」

と先輩もヒロ君の女装姿をほめてくれてましたし……。

Posted on 2008/02/25 Mon. 16:27 [edit]

変身サプリメント★被験者ゲイのヒロ君の場合 30 

 それでも、予想以上に美少女に変身した自分の姿を鏡で見て、ヒロ君はご機嫌になりました。

 着替えた後、看護師の片山さんに女の子らしい振る舞いやら、注意点を教えられ、女の子らしく歩く練習をさせられた時に、

「素晴らしいです!これならどこに行っても、あやしまれることはないでしょう。並みの女の子より女の子らしく好感度高めですよ」

とほめられて更に気を良くしました。

 実はヒロ君、事前にハイヒールを買って来て、自分の部屋の中で歩く練習をしたり、鏡の前で女の子らしい仕草の練習をしてみたりしていたのです。

 男性から見て好感度が高い女優さんの出ているドラマをチェックして、研究して真似してみたりもしました。

「通常は、被験者の方には研究所内に一泊していただくのですが、今回は違ったパターンの被験実験をするとのことなので、今日はもうお帰りになっていただいてよろしいですよ。これは被験中の宿泊先の鍵です。あと、桂木先生からお話があるので、もうちょっとだけ待ってて下さいね」

 看護師の片山さんは、そう言うとヒロ君の女の子レッスンをしていた部屋から出て行きました。

Posted on 2008/02/26 Tue. 00:00 [edit]

更新の励みになりますのでぽちっとひと押し応援クリックお願い致します❤ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村 トラコミュ 規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!へ
規制反対!ネット小説の表現の自由を守れ!
規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

規制反対!創作物の表現の自由を守ろう!!

[Amebaグルっぽ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。