fc2ブログ

『鬼畜の戯言』菊池乱☆出版社の倒産により現在電子書籍配信ストップ中

秘密クラブからレンタルされる豊胸女装美少年レンタルドールシリーズ(SF/SM/BL/ML/JUNE/GID/女装/TS/etcな小説)言論と表現の自由を守ろう!不当なネット規制反対!不適切な規制は解除すべきです!!
 

ただいま~!

 長い間、ブログ放置してしまいすみません。 いろいろあって書ける状態ではなかったのと、パスワード忘れてログイン出来なくなっていました(;_;) 携帯機種変とかもしたし、長らく使わなかったメアドで登録していてそっちも忘れてたり…… パスワードなんとか自力で思い出してログインするまで戻ってこれませんでした。 久しぶりにブログのプラグインやテンプレートいじったり、リンクの確認してみたりしていたら、なんかポケク...
Comment-open▼ *

ひとりにしないで 6

 頭から冷たいシャワーを浴びて少しでも頭と熱を帯びたまぶたを冷やそうとしていた僕は、すぐに体が冷えてしまって仕方なくシャワーを温水に切り替えて冷えきってしまった体に浴びせかけた。「感情的になるな!ドールは商品だ。しかも、あれはもうじきクラブを辞めて去っていくヤツだ。ばれたってどうってことはない」 自分に言い聞かせるようにそう言いながら、僕は普通の男とは言い難いFtM-GIDの自分の体をじっとみつめた。 ...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 50

 目が覚めたらすぐに左手首の水晶のブレスレットの有無を確認した。 ちゃんとはまっているのを見て僕は軽い安堵を覚えた。 秋月様は理由も聞かずに僕が眠っている間に水晶のブレスレットをはめてくれている。 僕はずっと瑠璃子さんにとり憑かれたままになるのが怖かったけど、このブレスレットさえ身につけていれば瑠璃子さんに憑依されたままにはならない。 秋月様は毎朝僕が起きる前にどこかへ出かけて行く。 迎えの車の音...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 49

 それは奇妙な感覚だった。 悪霊の瑠璃子さんが僕の中に入って来た瞬間、僕は押しのけられたような感じがした。 ぐるんと反転して表と裏の入れ替わり。 そういう感覚にも似ているのかもしれない。 だけど、瑠璃子さんが入って来たのと同時に僕は指一本自分の意思で動かすことも出来なくなってしまった。 完全に体は乗っ取られてしまっていた。 ただ、映画でも観ているような感覚で瑠璃子さんが見ているものが見え、瑠璃子さ...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 44

 怖くてずっと眠れずにいた僕は、朝方になってようやく少し眠ったようだった。僕が目を覚ました時には、隣に秋月様はもういなかった。 トイレの場所も知らない家で寝巻きのままでうろうろしていたら、「奥様、おはようございます」と背後から老婆に声をかけられビクッとしながら振り向いた。「申し遅れましたが、わたくし、トメと申します。なんなりと御用をお申しつけ下さいませ」と言った老婆改めトメさんに、「トメさん、あの...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 42

 一人部屋に残された僕は、逃げだしたくなっていた。 水揚げもその後も続く夜のお勤めは、ドールとしてここまで来てしまった以上は嫌でも仕事だから仕方が無い。腹をくくるしかない。 自分で選んだことだし……。 でも、あれだけはっきり見える幽霊付きの家に二週間もいなければならないなんて耐えられない。 怪談話も肝試しも苦手な臆病な僕には皮肉なことに幽霊が見えてしまう。 どんな幽霊でも見えるわけではなく、僕の場合...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 31

 車で移動して向かった違うホテルのパーティー会場に入ったらすぐにどよめきが起こった。 大広間と思われるだだっ広い立食パーティー会場の人混みの中、慎太郎さんはおかまいなしで僕を連れて恰幅のいい男の人に近づいて行った。 周囲の人たちは慎太郎さんを見るとさっと道を開ける。「パーティーに連れ歩く女なら間に合っている。そちらの小さいお嬢さんには、他の見合いでも紹介してやれよ、親父」と慎太郎さんは小柄でかわい...
Comment-open▼ *

レンタルドールKEI 27

 最後のキーワードを得た瞬間、ものすごい勢いで頭の中で記憶の再生が成された。『昨日も今日も反応無しでした』『それは単に女性はダメなだけなのか?機能的にまるで使い物にならないのかを確認する必要があるかもしれませんね?出来る仕事が限られてしまいますから』『いえ…先に薫先生にお願いしてみては?』『薫先生に?』『私の勘が当たっていたとしたら、これは薫先生にお任せするのが適当かと……デリケートな問題ですから』...
Comment-open▼ * Trackback : (0) *